Close

「恥骨でクリトリスをガンガン刺激しても効かない」、、、そんな時は?

先日、知り合いの仕事関係者にセックスの悩みを相談されました。

「正常位の時、自分の恥骨をクリトリスにガンガン当ててみたけど女性に特に反応がなかった…」

ピストン運動しながら、男性の恥骨をクリトリスにぶつけるやり方は、私がよくオススメするやり方です。

女性はピストンされた時、膣内というよりは、クリトリスの刺激の方を強く感じる傾向があるからです。
多くの男性は、このことを知らないのでガンガン突くことばかりに集中してしまいます。

ですが、「この方法が効かない」という男性は案外多いのかもしれません。

実は、これに関する理由や、対処法はあるのですが、一番手っ取り早い解決策をお伝えします。

それは、、、

ピストンしながら、指を使って直接クリトリスを刺激すればいいのです。

手順で解説するとこうなります。

ステップ1.まず、正常位でペニスを挿入します。

男性は身体を起こした状態でOKです。

ステップ2.ピストンしながら、唾液でたっぷり濡らした親指をクリトリスに当てます。

クリトリスの包皮は剥かず、包皮の上からでけっこうです。

ステップ3.ピストンしながら、親指でグリグリと包皮ごと回してクリトリスを刺激します。

ピストンのリズムはゆっくりめで、指で回す速度もピストンのリズムに合わせると、一定のリズムで刺激できます。

身体を起こすことでクリトリスに触れやすくなりますが、

身体を少し後ろに倒す方法もあります。

ちょっと体勢はキツくなりますが、さらに指で刺激しやすくなります。
また、後ろに身体を倒しながら浅めに突くと、Gスポットを刺激できることがあります。
クリトリスとのW攻めも実現できるようになります。

ここでは指を回す方法を紹介しましたが、指を上下する方法も有効です。
先ほど話したような、“身体を後ろに倒す体勢”になるとやりやすくなります。

ある程度クリトリスをグリグリしたら、包皮を剥いて直接クリトリスを擦ってもいいでしょう。
さらに強い快感を与えるkとができます。
もちろんこの時も、指は唾液などでたっぷり濡らしておくようにしてください。

クリトリスに恥骨をぶつけても反応がないのには、こんな原因が考えられます。

それは、
クリトリスの位置と男性の恥骨の位置がかみ合わないことです。

例えば、クリトリスの位置と膣口の位置が近い女性がいます。
その場合、クリトリス位置が下の方に下がるため、男性の恥骨はクリトリスにぶつかりにくくなります。“クリトリスに男性の恥骨が当たらないから女性も快感を感じにくくなる”というわけです。

これは、個人差があることなので仕方ありません。

そういう場面に遭遇したら、指を使えばフォローできますので安心してください。

大切なのは、『ピストン』と『クリトリスの快感』を連動させることです。

「恥骨を当ててみても、なんか反応が薄いなぁ…」と思ったら、指を使えば確実です。

むしろ、このやり方ができていない男性の方が多いのです。
もし同じ悩みを持っていたら自信を持ってください。

この方法がお役に立てると思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
ひろし
2019年5月20日 19:33

凄いですね。
勉強になりました。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。