Close

『背面側位』はやりづらくても男女ともにメリットのある体位、、、!?

『背面側位』という体位があります。
そう聞いてもピンと来ないかもしれませんが、やったことはあるかもしれません。

横向きに寝た女性に対して、男性が女性の後ろ側からペニスを挿入する体位です。

背面側位は、
・ペニスを挿入しづらい
・腰を動かしにくい
というデメリットがあるため、あまりやることがないかもしれません。

ですが、それは見方を変えればメリットに変わります、

例えば、『ペニスを挿入しにくい』ということは、、、

『ペニスを挿入することに集中すること』になります。

それは、男女ともに、1つのことに向かって集中することになります。
ペニスの挿入を女性が自分の手で膣口に誘導すれば、それは共同作業”になります。

共同作業は、協調性を生むことになるので、男女の間で一体感が生まれます。

また、腰を動かしにくい、つまり『ピストンしにくい』ということは、男女どちらにとってもインターバルになります。
特に、女性は激しいピストンじゃなくても十分に快感を得られるので、そんなに問題ではないのです。

むしろ、女性は新鮮さを感じるかもしれません。

背面側位は、やりづらいのが難点ですが、コツさえつかめば落ち着いて完成形に持っていけます。
では、その手順を見てみましょう。

背面側位を完成させるコツ

ステップ1.まず、女性に横向きに寝てもらいます。

女性は、どちら向きに寝てもいいですが、左側を下向きにすると、男性の右手が使いやすくなります。
男性の利き手を基準にしてもいいかもしれません。

ステップ2.ペニスを膣口に当てるため、男性は女性の後ろにこのような姿勢になります。

上半身は起こしておいても構いません。

ステップ3.ペニスをあてがい、ゆっくり挿入します。

挿入しやすいように、腰の位置を変えたりずらしたりして調整してください。

ステップ4.挿入したら横向きになり、女性に抱き付きましょう。

動きづらいですが、ゆっくりピストンしてみましょう。

ペニスを挿入する時に、

女性の手でペニスを誘導してもらうと、一体感が生まれます。

ピストンにあまりこだわる必要はありません。
密着したり、手で女性の乳房を揉んだリするなどの愛撫をする方が、女性にとっては有効なプレイになります。

実は、背面側位には、こんなメリットもあります。

そもそも『男性が動きにくい体位』ということは、
・年配層にとっては、負担の少ない体位になる
・早い人には、長持ちさせることができる
ということにもなります。

運動量が少ないため、体力をそんなに使わなくて済む…。
そして、、、
動きが少ないため、摩擦感も少なく、射精しにくい…。

やりづらいと思った体位でも、ちょっと見方を変えると、メリットが見えてきたりします。

今回お話しした『背面側位』、このようなことを意識しながら試してみてはいかがでしょう。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。