Close

『膣前庭』の愛撫は、小陰唇を利用してビショビショに!

女性器に『膣前庭』という部分があります。
小陰唇を拡げたときのピンク色の柔らかい部分です。

クリトリスと膣口の間のエリアですが、粘膜でできているため、クリトリス同様、デリケートな部分です。

ここも女性を感じさせることができる性感帯なのですが、傷つきやすいところですから、よく濡らした指や舌を使って優しく愛撫するのが鉄則です。

女性は気が付いたら思ってる以上にビショビショに濡れてしまうかもしれません。

それでは、小陰唇を利用した愛撫方法を紹介します!

手順

ステップ1. 2本の指を小陰唇に置きます。

ステップ2. 小陰唇を指で揉みながら、舌先で膣前提を舐めます。(この時、指での揉みだけでも効果的です)

ステップ3. 膣前提を舐めつつ、小陰唇を指で優しく上下方向に揉みます。

小陰唇を揉むことで、小陰唇自体が充血するような感じで若干膨らんでくる人もいます。
それと、小陰唇は個人差が大きく揉みにくい人もいます。

また、小陰唇を指で挟んだまま上下に揉むと、大陰唇も一緒に揉まれるようになります。
女性器全体の血行を意識しながら、女性器全体の感度が上げるように愛撫します。

※ちなみに、クリトリスが下向きに引っ張られるのでクリトリスも快感を感じたりします。

女性が自分では意識していなくても、いつの間にか身体が反応して気が付いたらビショビショに濡れることも、あると思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。