Close

あまり感じないといわれる小陰唇をクンニしながら性感帯にする方法

あなたは小陰唇の愛撫を、どの程度していますか?

けっこう念入りに愛撫する人もいれば、「ほとんど何もしない」という人もいると思います。

でも、女性からすると、そこまで激しく感じるポイントではないみたいですね。
念入りに愛撫している方にとっては残念ですが…。

小陰唇は、男性でいうところの陰嚢、つまりタマ袋です。
ここを愛撫されて気持ちいいと思う男性もいると思います。
でも、タマ袋だと思うと、快感の度合いは、大体、予想がつきますよね。

そんな小陰唇ですが、感じさせる方法があるなら知りたくありませんか?
女性にもっとセックスを楽しんでもらいたくありませんか?

実はわりと簡単にできる方法があります。

小陰唇をクンニしながらクリトリスに手を添えるだけで…

それは、クンニしてる時に、クリトリスに手を添える方法です。
手を添えるといっても少しだけです。
それでも小陰唇の感じ方が変わってきます。

小陰唇への愛撫は、女性にとってどちらかというとクリトリス愛撫への期待の方が大きいようです。
つまり、クリトリスというメインディッシュの前菜、前フリみたいなもんですね。

でも、この方法は、メインディッシュに期待せずとも、もうクリトリスに触れてしまうわけです。
女性にとってはクリトリス愛撫のようなものです。

それでは、そのやり方を見ていきましょう。

小陰唇のクンニと同時にクリトリスに触れるテクニック

女性を仰向けに寝かせた状態でクンニします。

ステップ1.小陰唇のビラビラの下側の膣口の辺りに舌を当て、内側から外側に向かってビラビラを舐めます。

向かって左側でも右側でもどちらでも構いません。

ステップ2.今度は、反対側のビラビラを同じように舐めてください。

舐める速度はゆっくり、そして、少し強めに押し付けながらがいいでしょう。

ステップ3.今度は最初に舐めたビラビラの少し上の場所を舐めます。

先ほどより少し上に上がっています。

ステップ4.反対側も同じようにして、交互に少しずつ上に向かって舐めていってください。

これを左右往復で3回くらいやってください。

ステップ5.クリトリスの包皮の上に、片手の親指を軽く置きます。

手は左右どちらでも構いません。

ステップ6.手は動かさないまま、左右のビラビラを舐め上げていきます。

クリトリスの近くまで来たら、また下から始めてください。

クリトリスに添えた親指は動かさなくて結構です。

指を置いているだけで、女性はクリトリスを触られていることを意識して感じやすくなります。
包皮の上からで構いません。
皮を剥いて触ると、クリトリスの快感の方が強くなってしまうので気を付けてください。

この方法は、女性に

「クリトリスの快感を小陰唇の快感に錯覚させること」が目的です。

クリトリスに添えている指は、動かさなくても十分に仕事をしています。
逆に、動かしすぎると、クリトリス愛撫になってしまいますので気を付けたいところです。

もし動かすなら、
・1回だけ包皮をずらすというワンアクション
・1回だけクリトリスを押すというワンアクション
といったぐらいで十分です。

また、ここでは小陰唇を舐めるやり方を紹介していますが、「ビラビラの端を口に含んでグニュグニュ」しながらやるのもオススメです。

小陰唇が性感帯になるように…

今回のお話は、小陰唇を愛撫する時、クリトリスの快感を小陰唇の快感に錯覚させる方法でした。

コツは、

クリトリスに添える手は、あくまでも軽く…です。

そして丁寧に小陰唇を舐め上げてください。

今回のテクニックで小陰唇が「感じる場所」になれば、あなたとのセックスも充実していくに違いありません。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。