Close

うつ伏せセックスで『支配されたい感』を高める方法

すべての女性がそういうわけではありませんが、女性には『被支配欲』というものがあります。
これは『支配されたい』という感情のことですが、誰にでも支配されたいわけではありません。
基本的には『頼りがいのある男性にリードされたい』といったような感情です。

また、セックスにおいて、『支配されたい』というマゾ的な感情を持つこと女性もいるようです。

そのような女性には、この『被支配欲』の習性をプレイに利用することができます。
といっても、乱暴な感じではありません。

ある体位に、あることをちょっとだけ盛り込むことで、女性に満足感を与えられるようになります。
たまには、『被支配欲』を煽るようなセックスしてみたくないですか?

そのための体位が、『寝バック』です。

女性をうつ伏せにしてペニスを挿入することで実現できます。

寝バックは、男性が後ろから覆いかぶさる体勢になるため、女性は正常位とはまた違った『被支配感』を感じます。バックの体勢自体、『犯されてる感』が感じられる体位ですから、むしろ正常位より被支配感は強いかもしれません。

そして、ここにもうひとテクニック盛り込みます。

被支配感を感じさせる挿入方法

女性をうつ伏せに寝かせ、少しお尻を持ち上げさせます。

最初からじゃなく、後で持ち上げさせてもいいです。

男性は、女性の両脚を開かせてその間に入ってください。

両脚が閉じていると挿入が難しいからです。

女性に覆い被さるようにしてペニスを挿入します。

腰を浮かせてもらったりしながら高さを調節してください。

女性の下側に右手を回し、指でクリトリスを同時に刺激してください。

ピストン運動と指マンを同時に行います。

女性に腰を浮かせてもらうことで、

挿入角度の調節の他、下側に手を入れて愛撫するスペースができます。
また、腰を浮かせる体勢は、ちょっとだけ女性は窮屈さを感じるかもしれませんが、それも被支配欲を煽る効果になります。

お腹の下にクッションを敷いてもいいですが、右手を差し込む時に邪魔にならないよう注意しましょう。

女性に『被支配欲』の傾向があるのには、理由があります。

逆に、男性には『支配欲』の傾向があるのですが、そこには、脳内ホルモンが関係しているようです。男性ホルモンの『テストステロン』は、男性に支配欲の影響を、女性ホルモンの『エストロゲン』は、女性に被支配欲の影響を及ぼすのだそうです。

ただ、この習性を利用して、女性がいつもより満足感を感じられるのであれば、セックスは楽しいものになるはずです。

ちょっと腰を浮かせてもらってクリトリスをいじる…このさりげない方法で女性の感度が簡単に上がるのなら、ぜひやってみたいと思いませんか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。