Close

なかなか感じないGスポットを感じさせる方法

あなたはセックスのとき、彼女のGスポットを攻めて感じさせていますか?

もしかしたら、「なかなか感じさせられない」という方もいるかもしれませんね。

Gスポットは身体の内側にあって見ることができないので、
どこをどう攻めているのか、様子がわからないからないため、そういうこともよくあると思います。

実は…
身体の内側からじゃなく、外側から刺激を与える方法もあるんです。
今回は、道具を使ったちょっと特殊な方法になりますが、、、

手順

ステップ1. 男性の利き手の指を1本、膣に挿入し、
恥骨の裏側に沿って指の腹を這わせていきます。突き当りまで来たらそこで止めます。

ステップ2. Gスポットと思われる柔らかい部分を押し続けてください。

ステップ3. 同時に、もう片方の手に、振動を『弱』の状態にした電マを持ちます。

ステップ4. 電マを、女性の恥骨のへりの辺りに当てます。(電マがお腹に当たる感覚を嫌がる女性もいるので、無理はしないように注意が必要です)

ステップ5. Gスポットを押してる指と、電マの位置が近い状態をキープしながら、
少しずつ一緒に場所をずらして反応のいい場所を探してみてください。

このように、Gスポットの内側だけでなく、外側からも刺激を与えることで、Gスポットを感じさせやすします。

電マに抵抗がある場合には、手で押すようにするの方法もあります。

それと、Gスポットの場所は、恥骨の近くにある傾向があるので、外から電マを当てる場合は、恥骨とお腹の境い目部分を狙います。

(※電マの振動の刺激は、下半身全体に広がりやすいため、Gスポットにも伝わりやすくなると考えられるからです。)

Gスポットが開発されていない女性の場合には快感を感じるまでに時間がかかるかもしれませんが、開発にもつながると思います。それに、Gスポットが開発されてる女性には、強い快感を与えられると思います。

たまには、こういったプレイも試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
まる
2021年11月8日 16:17

毎回ありがとございます。今度実践してみます。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。