Close

クリトリスと膣口の同時愛撫はどちらが先がいいのか…?

From:長寺忠浩(刺激LIFE)

今回は、『クリトリス』と、その近くの『膣口』部分を片手で同時愛撫するお話です。

指マンなので、状況としてはセックスのスタート時という条件ですね。

クリトリスと膣口の指マンは、もちろん両方いっぺんにやっても構いません。
ですが、どちらか先に指を当てた方がやりやすくなります。

そこで、あなたなら、、、

先にクリトリスから指マンするか…?
それとも膣口から指マンするか…?

どちらを選びますか…?
という質問をさせていただいたわけです。

個人的な感想ですが、私の場合、、、

膣口を先に愛撫して、クリトリスへの指マンを後にすることをオススメします。

理由は単純です。
クリトリスの快感の方が強いので、クリトリスへの愛撫を後に回した方がいいからです。

つまり、最初にクリトリスを刺激してしまうと、女性は膣口を刺激されても快感が物足りなくなってしまう可能性があるからです。

クリトリスへの愛撫を後回しにすることで、膣口の快感がはっきりしてきます。
せっかく2か所の性感帯を愛撫するなら、女性にその違いを楽しんでもらいたいと思いませんか?

それと、後ろからの愛撫の場合、、、

先に膣口に指マンすると、女性はこんなところにも興奮するようになります。

手順を追って見ていきましょう。

ステップ1.全裸で立ってる女性の後ろに男性が回り込みます。

この時、男性は右手の中指と親指をよく濡らしておいてください。

ステップ2.右手の中指と親指を後ろからまわして、女性の股間に手を伸ばします。

中指は奥の方に入れていってください。

ステップ3.先に中指の先を膣口に入れます。

第1関節まで入れればOKです。

ステップ4.中指でグリグリしながら親指をクリトリスに当てます。

中指で膣口を回しながら、親指は包皮の上から回します。
これで最終的にクリトリスと膣口の同時愛撫が完成します。

膣口に中指を入れる時は

すぐに入れず、入り口をほぐすようにして指で拡げるようにして入れましょう。

この時、手の平がクリトリスに当たらないように気をつけてください。
手を動かさなくてもクリトリスに当たってしまうと、そっちの方の快感が強くなってしまいます。
手の平を浮かせるようにしましょう。

親指を包皮の上から当てるのは理由があります。
それは、強い刺激になっても大丈夫なようにです。

あとで親指も同時に動かすことになるわけですが、案外、思い通りに動かせないものです。
そんな時は、力加減がコントロールできず、つい強くなってしまうことがあります。

クリトリスに直接当てると強い力で愛撫してしまうおそれがあります。
そのため、包皮の上からであれば安心というわけです。

また、膣口愛撫の時に手の平を浮かせることで、クリトリスへの『焦らし』になります。

膣口に指マンする時に手がグリグリ動いてるのですが、クリトリスを覆う手の平はクリトリスに触れません。
これは女性からすると、じれったいはずです。

膣口への指マンを先にやることを徹底することで、逆にクリトリスへの指マンを渇望させるわけです。

このような焦らしの効果で興奮度を盛り上げてから、ようやくクリトリスへの同時愛撫に向かうわけです。

ですが、、、

膣口への愛撫を先にすることが、もちろん「絶対に正解」というわけではありません。

クリトリスが十分に刺激を受けている状態であれば、『膣口と同時に指マン』するのは、全く問題はないと思います。

今日お話ししたテクニックは、セックスのスタート時に近い状況ならオススメのテクニックです。

少しタイミングをずらすことで焦らしの効果を与える同時愛撫の指マン…
膣口から先にやる方法を、あなたにも確かめていただければと思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。