Close

クリトリスの包皮は、しごき方を変えることで感じ方も変わる!

あなたも男性なら、ペニスをシコシコしごいたことがありますよね。
同じようにクリトリスの包皮もしごくことができます。

包皮と、中のクリトリスが擦られて女性も気持ちいいそうです。
男性の「皮オナニー」と同じですね。
仮に「クリ皮愛撫」と呼ぶとしましょう。

ですが、クリトリスはとても小さい場所なので、ある程度クリトリスを勃起させてからの方がやりやすくなります。

このクリ皮愛撫、実はちょっとやり方を変えるだけで違う刺激を与えることができます。
女性には2段階の気持ちよさを味わわせることができるかもしれません。

それではまず、、、

クリトリスを勃起させて、指で包皮をつまみやすくしましょう。

クリトリスを勃起させる方法は、次のようにお分かりだと思います。

・指でグリグリ回転運動
・舌でベロベロ上下運動
・指でトントン圧迫運動

などなど、あなたの好きな方法でカッチカチにしてください。

また、2本の指でクリトリスの包皮の左右をつまんで、コリコリするのもアリです。
この後の、クリ皮愛撫も、包皮を左右につまみますので、同じ流れで続けてできるからです。

それでは、クリ皮のしごき方の2段階のバリエーションについて説明させていただきます。

クリトリスの包皮をしごく時は、指を押し付ける圧力を変えると変化を付けられる

包皮をつまむ時、指を軽く当てるか、強く当てるかの違いです。
これだけで女性が受ける感覚は変わってくるそうです。

女性が仰向けの状態の時を例にしてその違いを比べてみましょう。

バリエーション1.指を軽くあててクリトリスの包皮をしごく

右手の親指と人差し指でクリトリスの包皮を左右から軽くつまみます。

手首や肘は、下に接地してても、してなくても構いません。
指が包皮の左右の大陰唇に触れないように、包皮だけをつまんでください。
軽くつまめたら、優しく上下にしごいてください。

この時、皮でクリトリスを擦ることを意識してください。

バリエーション2.指を強く当ててクリトリスの包皮をしごく

使う指は同じです。
今度は、指を包皮の左右の大陰唇に少し食い込ませてから包皮をつまみます。

大陰唇に食い込ませたまま、包皮を上下にしごきます。

包皮でクリトリスを押さえつけながらしごくことになります。

2つのクリ皮愛撫の違いを比べてみましょう。

指を軽く当ててしごく方は、クリトリスにつぎのような刺激を与えます。

・クリトリスの左右を摩擦
・クリトリスの上部を摩擦

一方、指を強く当てて大陰唇に食い込ませながらしごく方は、次のような刺激になります。

・クリトリスの左右を摩擦
・クリトリスの上部を圧迫

つまり、指を強く当てることで、

包皮がクリトリスを押さえつけながらしごくことになります。

後者の方がクリトリスに強い刺激を与えることになるので、あまり強くしすぎないように気をつけてください。

このように、指を当てる圧力を変えることで、クリトリス本体にかかる刺激も変わります。

基本的には、指を軽く当てるクリ皮愛撫だけでも十分に快感を与えることはできます。
指を強く当てる方をやる場合は、その後にやる方が段階的に刺激を強められるのでオススメです。

ただ、強く当てる方を無理にやらなくても構いません。
最初にクリトリスを勃起させるために、指でコリコリする動きがありましたが、それだけでも女性は十分に快感を味わうことができると思います。

相手がどのようなクリトリス愛撫を望んでいるかを見極めながら、最適な愛撫法を選んでみるのがいいと思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

ミツ
2018年10月8日 19:40

皮ごとの愛撫はとても参考になりました!
近いうちに実践してみます。

返信
KK
2018年10月13日 6:42

内容は、何時もなるほどと感心します。
今度試して見ます。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。