Close

クリトリスの表面と中では伝わる刺激が違う…!?

クリトリスは、表面と中で、刺激の感じ方に違いがあるといわれています。

表面部分にある『表層神経』と
深い部分にある『深層神経』の違いが理由みたいです。

ちなみに、、、

表層神経は摩擦の刺激に反応しやすい傾向があって、
深層神経は、圧迫の刺激に反応する傾向があるといわれています。

通常、クリトリスへの愛撫は、“押し付けながら擦る動き”になるので、
押し付けるときに深層神経、擦るときに表層神経を同時に刺激しているということなりますよね。

例1:表層神経は摩擦刺激

ステップ1.指で包皮を剥いた状態にします。

ステップ2.たっぷり濡らした元の指でクリトリス本体をフェザータッチするように擦ります。

例2:深層神経は圧迫刺激

ステップ1.まず、包皮の上に指の腹を当てます。

ステップ2.下に向けて、指でグイグイっと優しく押すようなイメージで圧迫してください。

ステップ3.この時、軽く振動させるのも有効です。

いかがだったでしょうか?

表層と深層、どちらかの刺激を意識してみたり、それを組み合わせて同時に刺激してみたり、あなたもいろいろと試してみてはいかがでしょうか?

刺激の種類を意識することで今までとは違った反応を引き出せるかもしれません。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。