Close

クリトリスを包皮越しに擦る時のコツ

クリトリスを指マンする時は、包皮を剥い多方が強い刺激を与えられるのでそうすることも多いかと思います。

ですが、包皮の上からでも十分に女性は快感を感じることができるそうです。

むしろ、最初に包皮の上から刺激して、その後に皮を剥いて直接刺激した方がオススメです。
その方が段階的に刺激の強さを大きくできるからです。

ところで、包皮の上から指マンする時にちょっとしたコツがあります。

それは、上下よりも左右に指で擦ることです。

まずは、包皮の上からクリトリスに刺激を与える方法から解説します。

ステップ1.仰向けに寝かせて脚を広げた女性のクリトリスの包皮の上に、指先を当てます。

指先は濡らしていなくても大丈夫ですが、念のため濡らしておくことをオススメします。
指はフェザータッチで当ててください。

ステップ2.包皮の中のクリトリスを刺激するつもりで、指を左右に少しずつ動かします。

指を押し付ける圧力は弱めのまま動かしてください。

ステップ3.女性が刺激に慣れてきたら、指を動かす範囲を広げ、押し付ける圧力も少し強くしていってください。

あくまでも包皮の上から擦ることが目的です。

直接クリトリスに触れないように包皮を剥かないように注意してください。
クリトリスは小さくて狭い場所です。力加減の調整が難しいものです。

ですが、包皮の上からの刺激なら、多少強くなってしまっても、女性は痛みを感じにくいのです。

とはいえ、押し付ける時の力には気を付けましょう。
最初は弱めに…徐々に強めの圧力にしていくのがコツです。

包皮を左右に擦る時も、最初から擦る幅を広くするのではなく、狭い範囲から徐々に広げていくようにしてください。

クリトリスは通常、縦方向の刺激が感じやすい性感帯です。

それは、人間の身体の神経が縦方向に分布しているため、刺激を受け取りやすいからです。

特に、下から上への方向に対しては、体毛が逆方向に逆撫でされるためさらに神経が敏感に反応するようにできているようです。

クリトリスも下から上に擦った方が感じやすいのですが、これと同じ理由かどうかは、はっきりわかっていません。
ただ、左右の方向や、回転させる刺激に比べて快感が大きい傾向はあるようです。

では、なぜ今回包皮を擦る時は“左右の方向”がいいのか…?

それは、包皮を動かす可動範囲が、上下より左右の方が広いからです。

そうすると当然、中のクリトリスも擦られる面積が広くなります。
また、女性も上下に擦られるより左右に擦られる方が安心するようです。

なぜかというと、、、

上下に擦ると、クリトリス本体に指が当たることがあるからです。

つまり、“上下に擦ることでクリトリスが露出しやすくなってしまう”ということです。

まだ愛液が十分に出ていないうちは、乾いた指がクリトリスに当たり、女性はピリッとした痛みを感じることがあります。
ですが、左右に擦った場合、クリトリスは露出しにくいのです。

そういえば女性はオナニーの時、“指を左右に動かしたり回転させる”ということをよく聞きます。

徐々に興奮度を上げていくには、
“最初から直接、クリトリス本体を刺激するのではなく、包皮を左右に動かしたり回転させる方がいい”
ということを身体が自然に覚えてるのかもしれません。

男性も、クリトリスの包皮は上下に擦るより左右に擦る方がやりやすいかもしれません。

今回のお話は、
・クリトリスの指マンは包皮の上から
・その場合、上下より左右に擦るのがコツ
ということでした。

もし、女性に痛がられたことがあるのなら一度試してみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。