Close

クリトリスを吸う時に、わざと音を立てる

先日、外食に、うどんを食べていたところ、ズズズッって豪快に音を立てている女性がいました。音を立てるのは日本人の作法とも言えますので間違いではないんですが、最近は、汁が飛び散って服に付くからか、あんまり音を立てる人を見かけないような気がします。それだけに新鮮でした。

「音を立てる」と言えば、セックスの時、わざと音を立てることで女性を興奮させるテクニックがあります。キスの時とか、乳首を吸う時とか、、、。あなたもいつもやっているんじゃないでしょうか。

今日はクリトリスを吸う時の、音の立て方のバリエーションを解説します。

目次

クリトリスの吸い方・基本編

クリトリスを吸う時は、まず、クリトリスの包皮を剥いてから、男性の唇をタコの口のようにして押し付けます。唾液で十分に濡らしたら、口を付けたまま、キスするように軽く吸うことを繰り返します。

こうすることで、クリトリスの吸引の刺激に慣れさせます。慣れてきたら、口を付けたり離したりしながら、クリトリスを吸う時に、わざと音を立てるようにします。これが基本的な、音を立てながらする吸引法です。

ということで、ここからは、そのバリエーションを紹介したいと思います。

 

クリトリス吸引バリエーション

セックステクニックの手順

バリエーション1.口とクリトリスの間にスキマを開けて吸う

スキマから空気が入るときに大きい音が出ます。

バリエーション2.接触時間に緩急を付けて吸う

長めの時間で吸う時と、短めの時間で吸うときで音が変わります。

バリエーション3.強弱を付けて吸う


基本編で行ったキスするような吸引を、強弱を付けて行います。

 

ポイント

スキマから空気が入る時に、女性は局部に涼しさを感じるので、いつもと違った感覚を味わうことができます。この時の音は「ズズズッ」という感じで、うどんをすする音に近いかもしれません。

長めの時間で吸う時と、短めの時間で吸う時にサウンドが変わります。「ヒュ?」という音が出ます。同じ時間間隔で繰り返してもいいですし、ランダムな時間差で吸引しても効果的です。

キスのような吸引の時は、吸う力に強弱を付けることで、音の大きさも変わります。「チュッチュ」という音が出ます。

 

まとめ

わざと音を立てて吸うことで、女性の羞恥心を煽ることができます。たまにはこんな楽しいセックスもいいんじゃないでしょうか。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。