Close

クリトリスを触らないクリトリス愛撫、、、?

クリトリス愛撫の一つに「触らない」という方法があります。
それはつまり、あなたもよくご存じの「焦らし愛撫」のことです。

でも、クリトリスへの焦らし愛撫が興奮度を高めることを理屈ではわかっていても、実際どうやればいいか、わからなくないですか?
なんとなく、「こうかな?」という感じで感覚的にやっていることも多いのではないでしょうか?

では、具体的なやり方はあるのか、、、?

ズバリ、女性のオナニーが参考になります。

女性は、「クリトリスの焦らし方」の達人です。

女性のオナニーは、クリトリスを中心に行われることがほとんどだそうです。
ですが、とても感度の高い性感帯なので、指で刺激する時もすぐには触らないことが多いようです。

「一番おいしいところは最後に、、、」というわけですね。
あえてクリトリスに触らないようにすることで、自分自身で焦らすわけです。

オナニーの時のコツは、次の3つだとか、、、

・周りから攻める
・包皮を剥かない
・たまにクリトリスに指をあてる

では、クリトリスオナニーをする時の具体的なやり方を説明します。

女性のクリトリスオナニーのやり方

このやり方こそ、まさに男性が参考にすべき「クリトリス焦らし愛撫」になります。
ですから、ここではわかりやすいように、男性の指を使って解説していきます。

クリトリスオナニーを参考にした焦らし指マン

ステップ1.まず、陰毛に指を絡ませます。

ヘアの中を指で櫛を通すように、下から上へと繰り返し掻き上げます。

ステップ2.次は、クリトリスの上部を指で左右に優しく擦ります。

包皮の上の部分です。指先は乾いた状態ですので、優しく触るようにしてください。
また、この時たまに手の他の部分をクリトリスにあててください。

ステップ3.今度は指先に唾液か愛液を塗り、クリトリスの下側の辺りを左右に優しく擦ります。

小陰唇の内側の狭い範囲で結構です。この時も、先程と同じく、たまにクリトリスに指をあててください。

ステップ4.最後は、クリトリスの周囲を指でぐるりとなぞり続けます。

指先をよく濡らしてから行ってください。

陰毛を指で掻き上げるのは、

髪の毛を逆撫でした時に気持ちよくなることの応用です。
他に、上から下に指でヘアを撫で下ろすやり方もあります。この時、クリトリスに指が近づくので、クリトリスの寸前で指を止めるようにすると、さらに効果的です。

クリトリスの上部を擦る時は、指を押し付けないようにしてください。あまり圧力をかけると、包皮の下のクリトリス本体に刺激を与えてしまいます。そうすると「焦らし」になりません。

クリトリスの下側は、女性によっては、クリトリスが顔をのぞかせていることがあります。そうすると、たまに指をあてる時、クリトリス本体に直接指をあててしまう可能性があります。

今回の愛撫は「クリトリス愛撫への焦らし」がテーマですので、“たまにあてる”というよりも“ほとんどあてない”くらいでも構いません。

クリトリスの周辺をぐるりとなぞる時の、

・回転方向
・速度
・力加減

は、最初のうちは不規則でも構いません。しばらく続けながら、慣れてきたところでそれぞれを一定にしていくと女性は愛撫に集中しやすくなるため、効果的です。

女性の興奮度が高まってきたら、クリトリスへの愛撫を始めましょう。
最初は包皮の上から愛撫してください。感度も高まっていますので、それだけでも十分です。

オナニーは大切な儀式のようなものです。

男性もそうですが、オーガズムの開放感は「精神的な開放」にもつながります。
また、「ストレスの発散にも良い」といわれています。

ですが女性の場合、

セックスでオーガズムは得られないが、オナニーではイッたことがある。

というケースも多いようです。

このような例からも、女性が“自分を満足させるために、クリトリスを焦らしながらオナニーをしている”というのは、わからない話ではありません。
今回のテクニックには実に参考になる話だと思います。

セックスで女性をイカせられないのは、男性側の責任もあるとは思います。
ですが、この「女性のオナニーを参考にした指マン」がお互いのセックスを少しでも豊かにしてくれれば幸いです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。