Close

スローなピストンで女性に深い快感を与える方法

From:長寺忠浩
神奈川の事務所より

女性にペニスを挿入してから
時間が経つほどに、、、、

【脳内物質のオキシトシン】
の分泌量が増えます。

つまり、
ざっくり言うと、、、

挿入時間が長いほど、
女性に深い快感を与えることができる

ということです。

目安としては、
ペニスを挿入してから30分以上です。

しかし、
そうは言っても、、、、

「そんなに長くピストンできない」

と思われたかもしれません。

が、

オキシトシンの分泌量を増やすには、
そもそもピストンし続ける必要はないのです。

そこで、
スローセックスの考え方を取り入れた
ピストンのやり方を紹介します。

このやり方の基本は
「挿入するだけ」
です。

できるだけ動かさずに、
射精までの時間を稼ぎます。

どうしてもムズムズして、
動かさずにいられなくなったら、
ゆっくり丁寧に動きます。

この場合も、
できるだけ浅い動きにします。

もし、射精しそうになったら、
動くのを止めます。

これを繰り返していくと、
挿入時間をいつもより大幅に
伸ばすことができるはずです。

もちろん、
30分以上というのは目安ですので、
厳密にこだわらなくても大丈夫です。

ただ、
挿入時間を伸ばすだけで、
彼女の膣内での感じ方は
かなり変わってくるはずです。

普段はガンガン腰を動かしている方も、
こんなスローなピストンを試してみると、
新しい世界が開けるかもしれません。

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。