Close

バックの時は、ペニスを強く当て過ぎではいけない?

あなたはバックは好きですか?
バックは男女ともに人気のある体位です。

・男性は、征服欲を満たすことができる
・女性は、被虐感と快感のギャップが魅力的

などの理由によります。

ただ、
あまりペニスでガンガン突きすぎると、奥に当たった時に女性が痛がることがあるので気を付けるべき。

と、バックの解説の時は口を酸っぱくして言ってきました。
それは、ポルチオに当たったときに女性が痛みを感じることがあるらしいからです。

ですが、もしかしたら間違いだったかもしれません。
実践してみると、けっこう強めにしても問題はないみたいだからです。

「バックで激しく突くと、ポルチオに当たるから痛い」という説

バックの体位は、ペニスの挿入角度も深くなるため、ポルチオに当りやすい体位です。

ですが、ポルチオは「開発」されていないと感じにくい場所です。
そのため、ペニスでガンガン突いても、気持ちいいどころか、痛みを与えてしまうことがよくあります。

ところが、何人かの女性にバックでガンガン試してみると、あまり問題はないようでした。
もちろん、セックス経験や、ポルチオの開発具合が進んでいる女性であれば問題はありません。

ですが、ポルチオ未開発の女性でも、そんなに「痛い」という様子ではなかったのです。

もちろん、個人差はありますので結論は出せません。
もしかしたらバックの時は少し女性の受ける感覚が違うのかもしれません。

バックの時にポルチオがそんなに痛くない理由?

そこで、こんな仮説を立ててみました。

バックの体勢の時は、正常位の時と違って重力がお腹側にかかります。
その時、ポルチオも一緒にお腹側に下がります。

バックの時のペニスは上側を突くため、膣壁の上側、つまり女性の背中側を擦ることになります。

ポルチオは、重力で下に下がっているため、膣壁とポルチオの間に隙間ができます。

ペニスをピストンすると、奥まで行った時に、この隙間のところにもペニスが当たっている可能性があります。
この部分は、ポルチオと膣壁の隙間部分ですが、性感帯ともいわれています。

そのため、ポルチオが開発されていなくても奥に当たった時に快感を感じるのではないでしょうか?

この隙間の部分がなぜ感じるのかは実はよくわかっていません。
ですが、ポルチオの周辺部分ということもあり、何か関連性があるはずです。

ところでポルチオの位置は女性によって個人差もありますし、感じてきた時にポルチオは膣内に伸びて出てきます。

ですから、ペニスは隙間部分だけでなく、ポルチオに直接当たることもあります。
むしろ、ポルチオと、その隙間部分の2カ所にランダムに当ることも多いと思います。

「ガンガン突くと痛い」と感じてしまうのは、直接ポルチオに当たっているからかもしれません。
ですから、ポルチオと膣壁の隙間部分を意識しながら当てれば、痛みを感じることなく、快感を与えることができるかもしれません。

また、ポルチオと交互に当てることによって、もしかしたら「ポルチオ開発」もできるかもしれません。

今回のお話は、私が最近感じたことから導き出したあくまでも仮説のお話です。
実際にバックでガンガン突く行為は、わりと女性は好きなようでしたので、少し私なりに考えてみました。

正しいか正しくないかはわかりませんが、あなたも、ポルチオと膣壁の隙間を意識して突いてみてはいかがでしょうか。
そして、なにか新しいことに気づきましたら教えていただけたらまたここで取り上げてみたいと思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。