Close

ピストンのときに併せて攻めたい性感帯とは?

ピストンをしているとき、もっと女性に感じてほしいと思ったことはありませんか?

そんなときは同時愛撫がオススメです。

同時愛撫のバリエーションはたくさんありますが、定番ですが『太ももへの愛撫』がオススメです。

ステップ1.
ペニスを挿入している状態で、男性は女性の内ももに手の平を当てます。このとき圧は一切掛けずに、少し手の平を浮かせるようなイメージで触れてください。

ステップ2.
そして、手の平を浮かせ気味にしながら、女性器の方に向かって内ももを撫でていきます。

ステップ3.
その流れで太ももごと手前に引き寄せます。そして、内ももは場所をズラしながら(体の正面側やお尻側など)まんべんなく撫でてみてください。

撫でる際には、手の平から圧を抜いて、膝から女性器の方に向かって優しく撫でることです。フェザータッチを意識してみてください。

そして、感度が上がった状態の太ももを引き寄せながらピストンすると、太ももと女性器の感度がミックスされイキやすくなります。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年以上も前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

GAZ
15:59

simultaneous caressing IS GOOD START

返信
匿名
23:29

なるほど。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。