Close

ピストンのリズムは一定がいい、、、とは限らない!?

空気が乾燥すると風邪を引きやすくなりますが、あなたは大丈夫ですか?
寝る時間や、食べる時間など、毎日同じリズムの生活を心がけると、けっこう健康に過ごせますよ。

ピストンする時もリズムが大切です。
・一定のリズムのピストン
が、イカせやすいコツです。

こうすると、動きにブレが無くなるので、女性も安心して身を委ねやすくなります。
そして、集中しやすくなるので、イキやすくなるというわけです。
つい先日もこのことはお話ししましたね。

ただ、男性は興奮度が高まってイキそうになると、ついついピストンの速度を早めてしましますよね。

でも、それも間違いだとは限らないのです。

あまり、一定のリズムのピストン運動に囚われ過ぎてもいけません。

たまにであれば、リズムを変えてみるのもありです。

・速いリズムのピストン
も、時には有効、ということです。

全く正反対のテクニックなので混乱してしまいますよね。
説明します。

「速いリズムのピストン」は、最後に採り入れることで効果を発揮します。

ピストンが早くなるのは、男性がイキそうな時ですが、その動きは、女性にとっても興奮する材料になるそうです。

「自分とのセックスで興奮している、、、イキそうになっている、、、」
そんな気持ちが煽られ、女性の興奮度も一緒に高まっていくわけです。

この心理を効果的にするは、やはり、基本的に「一定のリズムのピストン」をしておくことをオススメします。

あるところまでは一定のリズムの愛撫をして、女性の感度が高まってきた時に、速いリズムのピストンを繰り出せばいいのです。

ですから今回のお話は、「一定のリズムのピストン」の補足的な内容となっています。うまく使い分けてください。

タイミングを間違えて途中で速くすると、

せっかく集中していた意識も冷めてしまいますので、タイミングの見極めも肝腎です。

ですから、速くする時は、あくまでも切り札として使うと、効果を発揮できると思います。

その時は、男性が気持ちよさをオーバーに表現するとさらにいいかもしれません。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。