Close

フェザータッチの感度を高めるコツ お尻編

今回はお尻の感度を高めるコツを紹介します。

そのコツとは、女性の姿勢を変える事です。
お尻の場合は、四つん這いの姿勢がオススメです。

なぜなら、四つん這いになるとお尻の皮膚がピンと張って神経が反応しやすくなるからです。

※一般的に皮膚がピンと張った状態の方が感度が高くなる傾向があると言われています。

今回はフェザータッチと合わせた愛撫法をご紹介します。

手順

ステップ1.女性に四つん這いになってもらいます。

ステップ2.男性はお尻側から両手の指の腹を近づけます。

ステップ3.指の腹でお尻の表面に円を描くようにゆっくりフェザータッチしながら手を動かしてください。

女性が四つん這いになると、お尻の皮膚がピンと張るようになるため、刺激に対して敏感になります。

この体勢でのフェザータッチは、女性にとって感度の高い愛撫になります。

また、四つん這いの体勢は男性の手の動きが見えないので、それも興奮度を高めることを後押しするのかもしれませんね。

このように、感度の鈍い場所も、体勢を変えるなどして皮膚をピンと張らせると、フェザータッチしたときの感度も上がっていきます。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。