Close

バックのピストンで重要なこと

AVの影響なのかもしれませんが、バックでは、奥を突くようなパンパンと激しいピストンをする男性が多いです。女性の腰を掴むと動きやすいですし自然と激しくなるのかもしれません。

もちろん。激しいピストンが好きな女性もいますが、浅めでスローなピストンが好きな女性も沢山います。ですから、『挿入の深さ』と『擦る場所』をちょっと意識するだけでも、女性の反応が激変する場合があります。

調整するときのポイントは次の2つです。

ポイント1. 挿入の深さを調節します。(浅めの挿入なのか、深めの挿入なのか。 )
ポイント2. ベットの段差を利用することで、挿入した時に、上側を擦るのか下側を擦るのかを調します。

それでは具体的な手順を見ていきましょう

手順

ステップ1.女性にベッドの端のギリギリの所で膝を付いてもらい、四つん這いになってもらいます。

ステップ2.男性はベッドの下に降りて、女性のお尻の位置を調節して挿入します。(女性のお尻が、ある程度、突き出ているほうが挿入中の深さの調節がしやすくなります。)

ステップ3.女性の足の開き具合で、腰の高さを調節します。

もし高さが合わない場合は、女性の脚の開き具合を変えるように促して調節します。

ステップ4.女性の感じるピストンを探ります。(挿入の深さ、挿入角度、ペニスを擦る位置など)反応の良いピストンや場所が見つかったら、反応に合わせて調節します。

この体勢は、男性が膝を付かずに立った体勢でピストンするので、高さや角度の調節がしやすく、体勢的にも、踏ん張りが利くので、微妙なピストンの強弱の調整をすることができます。慣れるまでは難しいかもしれませんがペニスを当てる場所を意識するようにしましょう。

ベッドの段差を利用するだけで、バックでいろいろな場所を刺激できるので試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
ヒロシ
20:01

いつも勉強させてもらってます 相手がいないのが残念です

返信
アバター
シュウ
11:27

とても参考になりますが、楽しめる相手を見つけないと

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。