Close

ペニスの正しい挿入角度って?

ペニスをズッコンズッコンとピストンする時、あなたは、

・一心に突き続ける
・グリグリと膣内のいろんなところを掻き回す

この2つのパターンを使っているのではないでしょうか。

セックス経験の少ない男性だと一心不乱に突いてしまいがちですが、ある程度セックス経験がある方はペニスをかき回すような動きも取り入れてることでしょう。

ペニスをグリグリ掻き回すということは、角度を変えて刺激することになるので、ワンパターンな動きにならないこともメリットです。

でも、角度を変えればそれでいいのか、、、? というと、そうでもないのです。

なぜなら、、、

闇雲にペニスの角度を変えても女性は気持ちよくないらしいのです。

つまり、無理に角度を変えることで、膣口に負担がかかり、痛みを感じることがあるそうです。

それに愛撫全般に言えることですが、複数の愛撫を短い時間で変えていくのは、女性が愛撫に集中しにくく、快感が高まりません。
一つの愛撫の時間を長く取って、それをいくつか実践する方が効果的です。

ですから、ただ闇雲にペニスの角度を変えればいいわけではないと言ったのです。

では、「角度を変えるのは間違い」かというと、そうではありません。角度を変えることで、どのような効果があるか考えてみましょう。

ペニスの角度を変えることで、膣内をどのように刺激できるのか、、、?

正常位を例にします。ペニスの挿入角度を変えてるつもりでも、実は膣口にかなり負担がかかっています。

そうならないようにするには、ペニスを浅く挿入する方法がオススメです。そうすれば膣口に負荷をかけずに、角度を変えることができるからです。

例えば、浅く挿入して膣の上の方を突けば、Gスポットにあてることができます。

もし根本まで深く挿入してから上の方を狙うと、膣口の下側に負荷がかかってしまうわけです。

また、浅く挿入して下の方を突けば、裏Gスポットにあたりやすくなります。

もし深く挿入して角度を変えると、膣口の上側に負荷がかかってしまいます。

以上のことから、角度を変えて挿入する時は、浅く挿入するとやりやすくなりますが、その時に大事なのは、角度を変えることよりもむしろ、、、

ペニスが膣内のどこにあたってるかを意識することです。

ただ角度を変えてあてているだけでは、膣内の性感帯にヒットしないので、それなりの快感しか生まれません。

でも、Gスポットや裏Gスポットにあてることを意識しながらピストンするだけで女性が感じる快感は変わります。
これを知ってるのと知らないのとでは大きな差が生まれます。

今度、あてる場所を意識しながらやってみてはいかがでしょうか?

(ちなみに、まっすぐ突く時もポイントがあります。
奥の方にポルチオがありますので、この場合は深く突くことになりますが、一心にピストンするのではなく、ゆっくり押し付けるようにピストンするのがコツです)

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。