Close

下着の上からの間接的な愛撫は、かえって新鮮な興奮になる

前戯の時に、下着の上から女性器を攻める方法があります。
セックステクニックの基本中の基本ですが、そうはいっても今さらあまり積極的にやることはないんじゃないでしょうか?

男性としては、「直接愛撫して、早く興奮させたい」という気持ちがありますよね。
また、「女性も下着を汚されたくないのでは、、、?」と気を遣ってしまいますよね。

ですが、この原点回帰ともいえる方法が、たまに使うと、けっこう効果的だったりします。

その理由は、、、

セックス経験の豊富な女性には、逆に新鮮な刺激として感じられるからです。

下着の上からの愛撫は、間接的な愛撫になります。
直接、指や舌で触るより、布1枚挟んでいる分、弱い刺激になります。

ですが、女性としては、
・思いのほか刺激がダイレクトに伝わる
・それでもやっぱり刺激が足りない
と感じられ、それが“焦らし効果”となって、もっと強い刺激を求めるようになります。

ありきたりの話で、内容自体に新鮮味はないですよね。
でも、普段そんなに積極的にはやらないことをやることで、女性にとっては新鮮味のある愛撫になるのです。

それでは、“焦らし効果”を高めるテクニックを紹介します。

下着の上から女性器を指で攻める、間接的愛撫テクニックのバリエーション

バリエーション1.会陰の部分を指先でクリクリと回す

『会陰』は、膣口と肛門の間の狭い部分です。
最初は会陰のような感度の弱いところから始めます。

バリエーション2.小陰唇のビラビラの部分を指でなぞる

左右のビラビラを一筆書きのように指先で回して触ります。
ゆっくりと同じ方向に回転させる事で女性も集中しやすくなります。

バリエーション3.膣前庭の部分を指で縦になぞる

ポピュラーな愛撫方法です。
小陰唇の中心のラインを上下にゆっくりなぞることで愛液が染み出してくるようになります。

バリエーション4.クリトリスの部分を指先でなぞる

・指先でトントンする
・上下に擦る
・グリグリと回転させる
など、いろいろな方法で刺激してください。

指先は乾いていても大丈夫です。

下着の上からの愛撫は、しばらく続けるのがコツです。
焦らし効果を高めるためです。

下着越しに愛液でぐっしょり濡れてくるようになれば成功です。

下着越しの愛撫はさまざまな女性にメリットをもたらします。

例えばセックス経験の少ない女性には、間接的な愛撫は安心感を与えることができます。
刺激の強さを段階的に与えられるからです。

また、“濡れにくい女性”にも有効です。
下着越しであれば、長時間の愛撫でも皮膚を摩擦で痛めることはありません。
時間をかけて愛撫するうちに、感度が上がってくるようになるかもしれません。

どちらの女性も、性感の開発につながることがあるかもしれません。

下着越しの愛撫は、ぐっしょりと濡れてしまう可能性があります。

女性に気を遣うので、あえて積極的にやらなかったこともあると思いますので、このテクニックを推奨するのは矛盾してるかもしれません。

ですから、無理にする必要はないと思います。

また、自宅以外の場所でする場合、後で女性に下着を買ってあげてもいいでしょう。

今回のお話は、“あえて原点に帰ることで新鮮な刺激を与えられる”というお話でした。
この方法は、毎回やっては意味がありません。
たまにやることで効果がありますので、どこかのタイミングで試してみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。