Close

両脚の愛撫でアソコをキュッとさせる

女性の身体は“全身が性感帯”っていわれていますが、当然、『脚』も性感帯になっています。

脚は愛撫する範囲が広いので、バリエーションも無限にありますので、「どんな愛撫をすればいいのかが分からない」と思ってる方もいるかもしれません。

そこで、今回は太腿の上側を愛撫する流れを紹介させていただきます。

手順

ステップ1.男性はうつ伏せの状態になり、女性の片脚の膝の上辺りに唇を当て、同時にもう片方の脚に手の平を当てます。(※女性が舐められるのを嫌がらなければ、唇のかわりに舌先を使っても良いと思います)

ステップ2.唇と手の動きは揃えなくて構いませんので、それぞれゆっくり上下に動かしながら、少しずつ上の方に移動します。

ステップ3.ちょうど『そけい部』の下辺りの、太腿の付け根の周辺をじっくり同時愛撫します。

ポイントの1つ目は、下から上に向かって愛撫することです。
愛撫するうちに膣や肛門がキュッと締まったり、アソコがびしょ濡れになることもあります。

2つ目のポイントはそけい部の下。
そけい部は敏感な性感帯として知られていますが、そけい部のすぐ下の部分も、太ももの上側の中では敏感なポイントです。

ここは女性器に近いので、集中的に攻めると、女性の反応にもいろいろな変化が表れるようになってきます。

このように女性器から遠いところから愛撫を初めて、女性器愛撫につなげる流れがおすすめです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
ふくしまヒデ
2021年9月17日 18:04

なるほどやってみます!

返信
アバター
匿名
2021年9月18日 15:09

ドローボウサイと、ポイント反映しなく、例ん等ないどうでしょうか?

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。