Close

中国の「房中術」が推奨するのは、「あるピストン運動」だった…!?

古代中国の性医学に「房中術」という技法があります。
これは、「セックスによって男女の精気を巡らせて寿命を伸ばす」といったような“養生術”の1つです。

その中に「浅内徐動」という秘術が紹介されているのですが、そこには、

「ピストン運動は浅く挿入してゆっくり動かすと、女が良くなり、男も元気になる」

と表現されています。

どうやら、「浅めのピストン運動」を推奨していたようなのです。

いったい古代中国の房中術で、この秘術を表現した人は、何を感じ、何を目的としていたのでしょうか…?
一緒に紐解いていきませんか?

浅いピストンは、「膣口」を攻めることを目的としていた…!?

房中術では、「浅く挿入してゆっくり動かすピストン」を推奨しています。

つまりこれは、“膣口を攻めること”と考えられます。

実は、女性の膣内は神経が少ないため、快感に対して鈍感なんだそうです。
それに対して、膣の入り口である「膣口」は、感覚神経が密集しているため、挿入される時に強い快感を感じるんだそうです。

男性は、挿入の瞬間に「達成感」を感じますが、女性は本当の意味で「快感」を感じているわけです。

膣口は、女性器の中で、“クリトリスに次いで強い快感を感じる場所”といわれています。(Gスポットやポルチオは感じるように“開発”する必要があるので、今回は例外とします。)

房中術の「浅内徐動」も、この入り口部分を、ゆっくりひたすら抜き差しするわけです。
精気が巡って、お互い気持ちよくなるのは当然でしょう。

「女が良くなり、男も元気になる」というのは、男女が快感にあえぎまくってる姿なのかもしれません。

そして、さらに別の文献にも同じようなことが書いてありました。
あなたもご存知、「九浅一深法」についての記述です。

実は「九浅一深法」は、古代中国の性医学書に記されていたものでした。

その医学書は、「黄帝内経 素問(こうていだいけい そもん)」というものです。
中国の戦国時代から漢の時代にかけて書かれた「世界最古の性医学書」といわれるものです。

この医学書には、ご存知の通り、「ペニスを9回浅く突いて、1回深く突く」というテクニックが記されています。
この“9回浅く突く”という部分が、そのまま膣口を攻める様子を表現していると思われます。

“1回深く突く”というのは「ポルチオ突き」を連想してしまいますが、この時代に「ポルチオでの中イキ」のことは知らなかった可能性もあります。普通に考えて「散々焦らして、やっと深く突いた時に、深い愛を感じさせる」ための技法だったのかもしれません。

房中術も、性医学書も、浅いピストンを推奨しているのは

偶然とはいえ、興味深いですよね。

まるで、延々と続けることで愛を深める「スローセックス」をイメージしてしまいます。
しかし私は、ちょっと曲がった見方をしてしまいました。

もしかしたら、浅いピストンを推奨していたのは、「早漏防止」が目的だったのかもしれません。
「精気を巡らせる」だとか「愛を深める」とかは表向きの理由かもしれません。

古代の人も早漏に悩んでたんだとしたら、一気に親近感が湧きませんか?
そして、セックスを豊かにするための参考書がある、、、
刺激LIFEも、“現代の「房中術」や「黄帝内経」のようなもの”になれれば幸いです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。