Close

乳首は横の部分よりも頭頂部の方が比較的感じやすい!?

いつも何気なく愛撫してる乳首ですが、あの小さなパーツは、“場所によって感度が変わる”といわれています。

乳首を円柱の形に例えてみるとしましょう。
円柱の表面は、上の部分と横の部分がありますよね。

乳首を擦る時は、この横の部分よりも上の部分を擦る方が、“比較的感度が高い”といわれています。

ということで今日は、この頭頂部を集中的に愛撫する方法のお話しです。

乳首のトップは、両手同時に擦ると効果が倍増する。

ステップ1.両手の人差し指の指先を、唾液などであらかじめよく濡らしておきます。

濡らさなくても大丈夫ですが、濡らした方が滑りがよくなります。

ステップ2.指を乳首のトップに軽く添えます。

この時、押すような圧力は加えず、軽く触れるだけにしてください。

ステップ3.乳首のトップの表面を上下に擦るように動かします。

この時も乳首を押し付けず、表面を擦るようにしてください。

ステップ4.最後に、乳首のトップの表面をクリクリと回して愛撫します。


こちらも同じく、乳首に圧力が加わらないようにしましょう。

乳首はクリトリスのような粘膜と違って、

多少、皮膚が強くできています。
ですが、皮膚の弱い女性もいますので、あらかじめ指先に唾液を付けておくことをオススメします。

乳首を擦る時に、乳首の根本から乳首が動かないようにしてください。
そうすると、乳首に圧迫の力が加わることになります。

今回は、“乳首の表面を擦ることで感度を高めるのが目的”ですので、圧迫する力を極力与えないようにしています。
2つの力が混じると感度は強くなりますが、女性に摩擦の快感だけを感じてもらいたいからです。

ここでは、人差し指だけを乳首に当てるようにしています。
その方が女性が乳首の表面の愛撫に集中しやすくなるからです。

もしやりにくいようでしたら、4本の指を女性の身体に当ててやると安定してやりやすくなります。
その際、くすぐったがる女性もいますので、様子を見ながらやってください。

乳首の頭頂部が感じやすい理由として

2つの感覚時受容体の存在が関係しています。

乳首には、クリトリスが快感を感じるのと同じ機能があります。
それは、『感覚受容体』と呼ばれるもので、外部からの刺激に対して“快感”として脳に伝える働きをしているそうです。

1つは、摩擦の刺激に反応する『マイスナー小体』、
もう1つは、圧迫の刺激に反応する『パチニ小体』です。

今回の愛撫は、乳首の頭頂部を擦ることが目的ですから、マイスナー小体に働きかけるものになります。

乳首の頭頂部が横側よりも反応する理由については次のようなことが考えられます。

それは、

外部からの刺激に反応しやすくなっているからです。

生物の身体は、最も外側の部分は、外敵に対していち早く反応するため、敏感なセンサーのようになっています。
人間の身体もそうなっていますが、その敏感な反応は、時に“性感帯”として機能することもあります。

乳首の先端の部分が敏感に反応するのもそんな理由が関係しているのは間違いではないと思います。

あのような小さなパーツでも感度に違いがあるというのは、まさに人体の神秘ですね。

乳首を攻める時は、先に横の部分から攻めて、そのあと頭頂部を攻めると、段階的に感度を盛り上げることができると思います。

試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。