Close

乳首を間接的に刺激することで、さりげなく開発につなげる方法

今日は、女性の乳首の『開発』につながるかもしれないお話です。

乳首はご存知のように、愛撫で快感を高めさせやすい場所ですよね。
そして、『挿入に至るまでの前戯する場所』であり、『セックスを盛り上げるための性感帯』といえます。

せっかく乳首のような強い性感帯なのですからイカせてみたいですよね?
実際、セックス経験豊富な女性の中には、乳首の快感でイケる女性もいるそうです。

ということで、乳首の快感をもっと高めてイカせられるように、『乳首の開発』に挑戦してみましょう。

ですが、、、

目次

いくら乳首が固くて皮膚が強いといっても、ここばかりいじっては痛みを伴います。

ですから、間接的に触ることで開発につなげていきたいところです。
また、「開発するぞ!」という意気込みを見せるよりさりげなくやる方がいいと思います。

そのためには、、、
服の上から乳首を愛撫する
という方法が有効です。

そうすれば、
・布が一枚、間に入ることで刺激をやわらげることができる
・イチャイチャの流れでできるので警戒されない
・意外な気持ちよさに愛撫に集中するようになる
といった効果もあるからです。

具体的なやり方としては、、、

服の上からの乳首開発は、男性が後ろから指を使って行います。

ステップ1.服を着た状態の女性の後ろに男性が回り込みます。

女性には、ブラを外してもらっておいてください。

ステップ2.服の上から、男性の両手の中指を使って乳首を弾きます。

下から上に向かって弾きます。
一定のペースで少し強めで構いません。

ステップ3.次に、いろんな指を使っていろんな方向から乳首を弾いてください。

この時は少し力加減は弱くしてください。
どの方向から弾く場合も、一定のペースで行ってください。

ステップ4.最後に、乳首の先端部分を中指の腹で回転させるようにフェザータッチします。

内向きの回転、外向きの回転のどちらかを選んだら、それのみを一定のペースで行ってください。

後ろからやると、女性は男性に顔を見られないので、

愛撫に対して素直に反応することができます。
そのため、快感に集中しやすくなるのです。

個人差はありますが、乳首は比較的、下側の部分が感じやすい傾向があります。
指で弾き始める時、最初に下側の部分を少し強めに行うのは、快感のスイッチを入れる意味もあります。

その次に、乳首をいろいろな方向から弾くのは、
・乳首は全体が感じる
・場所によって感度の違いがある
ということを認識させるためです。

乳首の感じるメカニズムを女性が自分で知ることは、開発につながるきっかけにもなっていきます。

また、いろんな指を使うのは、乳首をいろいろな方向から弾くときに、1つの指ではフォローしにくいからです。
例えば乳首の上側は、親指を使った方が、指の腹の柔らかい部分が当てやすいです。

乳首の先端部分は、乳首の中でもかなり敏感な場所になっています。
最後にここをフェザータッチすることで大きな快感を与えます。

服の上からの乳首攻めは、女性にもどかしさを与える効果もあります。

だんだん性感が高まってくると、途中で「直接触ってほしい…」と思うようになるかもしれません。

そのもどかしさ…つまり焦らされる気持ちでさらに感度が高まると、、、
いつの間にか乳首が敏感な性感帯に開発されていく可能性があるわけです。

「服の上からの愛撫だから…」と油断させておいて、、、

さりげなく乳首の快感を呼び起こして乳首開発するのが、このテクニックの狙いです。

乳首に負担を与えずに、女性に警戒されることなく、乳首の快感が奥深いものであるということに気づかせる、、、
服の上から乳首を弾くだけでこれらのメリットがあるというのは、にわかには信じられないかもしれません。

検証する意味でも試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。