Close

人体構造学的にやりやすい指マン

女性は欲張りです。

クリトリス、膣口、大陰唇、小陰唇、会陰、アナルetc…
女性器周辺だけで、はたしていくつ性感帯があるんでしょうか?

「そんなに気持ちいいとこだらけだと、羨ましいな、、、
なんて思ったことはありませんか?
同時愛撫とかは、相当気持ちいいのかもしれません。

ということで、多少強引ですが、今日は、同時愛撫テクニックのお話です。

片手でクリトリスと膣口の2箇所を攻める方法です。
ただ、いつものテクニック解説ではなく、ちょっと視点を変えて、科学的に解析していきます。

最初に、女性器愛撫に使う指を人体構造学の観点から考えてみましょう。

クリトリスと膣口を片手で攻める場合、
・親指をクリトリス
・人差し指を膣口
というのがやりやすいですよね。

手を動かす時、指の形は固定したまま同時に動かすと、安定した刺激を与えやすくなります。

ここでちょっと考えてみましょう。

あなたの手の平を見て、親指の腹を、他の指の腹にそれぞれ重ねてみてください。
どの指が、いちばん水平に接触していましたか?

私は、「薬指」でした。

人によって違いがあるかもしれませんが、もし私のように薬指が水平に重なるのでしたら、クリトリスと膣口の同時愛撫の時は、薬指を挿入するといいかもしれません。
親指を一緒に動かした時、安定した刺激を2箇所に与えられるからです。

次に、指2本を挿入する場合です。

もう一度、手の平を見てください。
親指と最も平行に近くなる2本指はどれでしょうか?

これは、わりと誰も同じだと思うんですが、「中指と薬指」じゃなかったでしょうか?
中指と薬指は、手の中心に位置する指ですので、親指を曲げるとうまく揃いませんか?

ということで、指2本を挿入する場合は、中指と薬指を挿入して、親指と一緒に動かせば安定した刺激を与えやすくなると思います。
とても小さな違いかもしれませんが、知ってしまうと、なんだか試したくなってきませんか?

最後に、指マンする時の男性の姿勢について考えます。

あなたが指マンする時は、女性器に手を延ばすような感じで行いませんか?
実はそのやり方だと、腕を延ばすことで不安定になるため、親指かどちらかの指に力がかかりやすくなってしまいます。

そこで、こういう体勢はいかがでしょうか。

女性器の近くまで身を乗り出し、肘を直角にして愛撫する

これは、脇を締めるような姿勢になりますが、そうすると、腕が固定されるため、指先の力の伝え方が安定します。指先だけでなく、肘や、場合によっては肩まで、腕全体を使うことができるので、安定した刺激を与えることができます。

よかったらあなたも、今回のテクニックを自分なりに試してみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。