Close

会陰の責め方がわからない、、、

膣口と肛門の間に『会陰』という性感帯があります。

場所は、膣と肛門の中間辺りです。(女性が出産する際に、子供の頭が通るため大きく伸びる部分で、肛門と膣の間の薄い皮膚とその下の筋肉のことで、この辺りを会陰と言います。)

性感帯なのに攻め方が分からない

性感帯だとしても、会陰のように激しく感じにくい性感帯は、そこだけを愛撫しても、なかなか感じさせられません。

そこでオススメなのが、単体で攻めるのではなく、クリトリスや女性器との同時愛撫です。
同時愛撫によって、まず性感を目覚めさせるのが重要になってきます。

とはいっても、ただ、同時に刺激すればいいというわけではありません。
各部位ごとに、目覚めさせやすい方法がいくつかあります。

今回は、会陰の性感を目覚めさせる方法をご紹介します。

手順

ステップ1.女性に添い寝して、男性の手を女性の股間に近づけます。

ステップ2.男性の中指を会陰に当て、手の平は女性器を覆うようにしクリトリスを狙います。

ステップ3.会陰に付けた指先をソフトに圧迫するように固定して、クリトリス側を手で揺らすように愛撫します。

会陰のように、人によって感度が鋭くない性感帯は、単体で強く感じられるようになるまでは、他の性感帯との同時愛撫などで、感じられるように導くことがポイントになります。

会陰以外にも、性感帯ごとに効果的な刺激がありますから使い分けることがポイントです。

性感帯を攻めるときのヒントになれば幸いです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年以上も前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。