Close

女性がイク時、腹筋の使い方によってはペニスが締め付けられることがある!?

女性は、イク時に身体に力を入れますよね?

歯を食いしばったり、シーツを握りしめたり、脚をピーンと伸ばしたり…。
あなたもそんな場面に何度か遭遇したことがあると思います。

この、イク時の筋肉の使い方ですが、「腹筋」を使う方法もあるそうです。
そして、使いかたによっては、アソコがキューッと締まるんだそうです。

腹筋の使い方は2種類あるそうですが、アソコが締まるのはどういう場合でしょうか?
今日は、そのメカニズムを一緒に勉強しましょう。

女性がイク時の腹筋の使い方は、次の2パターンです。

A:腹筋に力を入れる。お尻に力を入れて押し出すイメージ。

B:腹筋を引っ込める。肛門をすぼめて引っ込めるイメージ。

力の使い方は全然違いますが、「筋肉に力を入れる」という点では同じです。
また、どちらもこの時に息を止めるとさらにイキやすくなる傾向があるそうです。

このうち、アソコが締まるのはBの「腹筋を引っ込める」方です。
なぜかというと、、、

肛門括約筋の収縮は、膣括約筋に連動するからです。

つまり、お尻をすぼめるようにして力を入れると、膣もキュッとすぼまるのです。

そのメカニズムの秘密は、「8の字筋」にあります。

肛門と膣の周りを8の字状に筋肉が取り巻いているのはご存知ですよね?
この8の字の下の丸の部分を小さくすると、上の丸の部分も小さくなるというわけです。

相手の女性は、イク時に脚をピーンとさせる派で、腹筋を使っていないかもしれません。
そんな時は、この両方の腹筋の使いかたをやってもらって違いを比べても楽しいかもしれません。

ただ、Bの「腹筋を引っ込める」方は、肛門と膣をキュッと締めたまま息を止めておくことになります。
これは、腹筋に力を入れたまま息を止めるAに比べてきついらしいです。

ですから、「Bの方が締まる」からといって、長くやってもらうのは難しいかもしれません。

また、まだ男性の愛撫で一度もイッたことがない女性の場合、、、

今回のような「腹筋を使った2種類の方法」を試してもらうと、もしかしたら初イキができるかもしれません。
そしたら、Bのイキ方を憶えて、キュッと締めるのが得意技になるかもしれません。

いろいろと応用に使えそうな今回のお話でしたが、これをきっかけに、お互いのセックスが楽しいものになれば幸いです。

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

この記事へのコメント

武蔵小次郎
21:17

Bの写真でははっきりしませんでしたが、お尻からの写真で、わかりました。
知識としては分かりますが、最中にに確かめてられませんね?

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。