Close

女性が本気で感じるスポットの簡単な見つけ方

「刺激LIFE」の長寺です。

今回は、前戯で攻めると女性の興奮度が高まるスポット
についてお話ししたいと思います。

ただ、「ココを攻めればOK」といった単純な話ではありません。

女性によって攻めてほしい場所が違いますので、
それを見分ける方法や攻め方も含めてお話していきます。

男性が見落としがちな性感スポット

以前、あるAV男優さんに
「もっと女性のふくらはぎを攻めるべき」
と言われたことがあります。

確かに、一般的な前戯では、
滅多にふくらはぎを意識して攻めませんよね。

ですが、ふくらはぎを撫でたり舐めたりするのは、
効果的な場合が多いです。

他にも、腕やうなじ、胸とお腹の間などなど、
見落としがちだけど感じるスポットはいくつもあります。

そういった場所を攻めてみて、
女性がくぐもった声を上げるようなら効いている証拠です。

大きなおっぱいほど鈍感?

実は、おっぱいは大きければ大きいほど感じにくい
という研究結果があります。

と言うのも、おっぱいの大きさにかかわらずに、
神経の量は同じです。

そのため、おっぱいが大きいほど、
面積あたりの神経が少なくなってしまうのだと思います。

では、大きいおっぱいはどうやって攻めればいいのかというと、
やや強めの刺激を追加してみるといいかもしれません。

揉んだり指で弾いたりして、
刺激にバリエーションを追加してみましょう。

逆に、小さ目のおっぱいの女性は敏感すぎることがあるので、
少し刺激を押さえた方がいいかもしれません。

直接攻めずに、間接的に攻める

敏感すぎて要注意というスポットは他にもあります。

ズバリ、クリトリスです。

ご存じの方も多いと思いますが、
乾いた指でクリトリスを直接刺激すると、
快感ではなく痛みを与えてしまうことが多いです。

そうならないためには、
クリトリスの包皮の上から間接的に刺激しましょう。

女性の興奮度が高まってきてからなら、
クリトリスを直接なめたり、
ローションを使って指で刺激するのはアリです。

ただし、女性の反応を見ながら慎重にやりましょう。

 

以上の3つの内容を踏まえて、
もっと女性が興奮するような前戯に挑戦してみてください。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。