Close

女性がGスポットでイクのを邪魔しているものの正体

gspotikanaibaai

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

潮吹きモノのAVって、
撮影前に女優さんが大量に水分をとったりしているのですが、、、、

若者たちが「女性はあれくらい激しく潮を吹いて当然」
と勘違いしてしまわないか、ちょっと心配しています。

さて。

今日はGスポットオーガズムの話です。

Gスポットでイッてる女性は約3割!?

ある女性向けの雑誌で行われたアンケートによると、
Gスポットを愛撫されてオーガズムに達している女性は、、、

たったの3割ほどしかいないのだそうです。

はっきり言って、
この割合は少なすぎると思うんですよね。

クリトリスでイケれば満足という女性も多いかもしれませんが、
やっぱりGスポットでの快感も知って欲しいですし…。

なぜGスポットでオーガズムを感じている女性が
こんなに少ないのでしょうか?

男性の知識不足??

確かに、Gスポットの位置すら
正確に知らないという男性も少なくないので、
そういうケースも多いと思います。

ですが、Gスポットの位置と愛撫方法だけ覚えれば、
必ず女性をイカせることができる…とも限らないわけです。

では、女性がGスポットでイクのを
邪魔しているものの正体はいったい何なのでしょうか?

Gスポットでイクのを邪魔しているもの=「尿意」

実は、Gスポットのすぐ近くを膀胱や尿道があります。

ですので、Gスポットを刺激すると、
膀胱も一緒に刺激されてしまうんですね。

そのせいで、イキそうな感覚より尿意のほうが強く感じてしまい、
集中できなくなってしまいます。

実際そういうケースがかなり多いのではないかと
個人的には思っています。

男性でも、おしっこが漏れそうで必死で我慢してる時は、
セックスのことなんて考えられませんよね?

それと同じような状況が起きているのかもしれません。

Gスポットでイキやすくする方法

女性のGスポットを愛撫する時に、
尿意を感じさせないようにするには
どうすればいいのでしょうか?

まず、真っ先に試すべきなのは、
愛撫の力加減を弱めることです。

こうすることで、
尿意が起きにくくなります。

つまり、尿意よりも快感のほうが
勝つようにすればいいのです。

小さな刺激でもGスポットでの快感を与えることができます。

女性をなかなかGスポットでイカせることができないという場合は、
刺激を強くするのではなく弱めるといいかもしれません。

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。