Close

女性がGスポット愛撫に集中できない理由は?

あなたは、Gスポットを攻めてる時、“Gスポット愛撫に集中してくれなかった”といった経験はありますか?

Gスポット愛撫に集中できない理由のひとつに、“おしっこをしたくなるから”というものがあります。

愛撫の途中で女性が尿意を感じるためです。

そのため、
「Gスポットを攻めても、反応が薄く感じる、、、」
といった声を多くの男性から聞きます。

実は女性も、Gスポットのメカニズムをわかっていません。
ですから、感じているような…おしっこを我慢しているような…そんな微妙な反応をすることがあるのです。

特に、仰向けの体勢では、よりそうなる傾向があります。

女性が仰向けになると、Gスポットが下に下がってきます。

Gスポットがあるのは、恥骨の裏側周辺です。
膣に指を上向きに入れ、恥骨の裏側に沿った突き当たりの付近にあります。

つまり、女性のお腹側にGスポットがあるので、仰向けになることで、下に下がってくるため、指で触れやすくなるのです。

そして、お腹と膣の間には、膀胱があります。
膀胱は、尿を溜めるタンクですよね。
このタンクが重いほど、Gスポットも重力で下に下がってきます。

Gスポットを刺激した時、女性がおしっこをしたくなるのは、下がってきた膀胱も刺激されるからです。

この傾向は、仰向けの時ほど強くなります。

では、どうすればいいかというと、、、

そのまま我慢してもらって、Gスポット愛撫を続けることをオススメします。

ちょっと乱暴な答えになってしまうかもしれませんが、その“尿意を超えた先”に快感が待っているからです。

実は、Gスポットが感じる原因ははっきりわかっていないのですが、この“尿意”も関係していると考えられます。

おしっこが膀胱に溜まると、膀胱が膨らみ、体内が狭くなります。
この時、膣内側からGスポットを指で押すと、お腹の上からの膀胱の重みとサンドされます。
Gスポットへの圧迫感はより増えるので、感じやすくなるのかもしれません。

もし途中でおしっこをしてしまうと、膀胱が膨らんでいる時より、Gスポットへの圧力は弱くなってしまいます。
また、セックスも中断されるので、興奮度もリセットされてしまう場合があります。

女性がおしっこを我慢するのは「漏らしたくないから」

という理由もあると思います。

男性が構わないと思ってても、女性は嫌なのです。
ですから、そういう女性には無理に我慢させる必要はありません。

興奮度を再び上げるため、愛撫は仕切り直しになりますが、Gスポットで感じるように開発するのは時間がかかるものです。
2人で足並みを揃えて愛撫を続けていけば、Gスポット開発も近づくと思います。

このお話しが少しでもお役に立てれば幸いです。

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。