Close

女性のオーガズムは、“脳の酸欠状態”によって起こる?

今日は、女性のオーガズムについて一緒に勉強していきましょう。

女性がイク時の鍵は、“酸欠状態”だといわれています。

ちょっと怖い気がしますが、確かによく、
・頭が真っ白になったみたいな感じ…
・失神しちゃったことがある…
なんて話は聞いたことがありますよね。

あれはまさにその状態なのです。

特に、“失神する状態”というのは、脳に酸素が届かなくなることで起こるそうです。
酸素が欠乏した状態になるため、一時的に身体の機能を停止させるわけですかね。。。

しばらくしたら意識を取り戻しますが…。

そして、、、

オーガズムの時に酸欠になる原因は、2つあるそうです。

・呼吸数が減少すること
・筋肉に酸素が消費されてしまうこと
です。

まず、1つめの“呼吸数が減少すること”についてですが、例えば喘ぎ声…。

女性は、興奮度が高まってくると声が自然と出てきます。
さらに興奮度がアップすると、声を出し続けるようになります。

“声を出す”ということは“息を吐くこと”です。
声を出しながら息は吸えないですよね。

喘ぎ声を出し続けるということは、“息を吸う暇がない状態”になります。
そのため、酸欠状態が起こるようです。

ちなみに、息を止めても酸欠状態は起こりますので、それもオーガズムにつながります。

次に、2つめの“筋肉に酸素が消費されてしまうこと”についてですが、、、

女性はイク時に両脚をピーンと伸ばしたり、身体を硬直させることがあります。


これは、筋肉に力が入ってるということです。
シーツをギューッとつかんだり、男性に抱き付いたりするのもそうです。

この、筋肉に力を入れてる状態の時も、実は酸素が消費されているそうです。

特に、お腹やお尻、そして太ももの筋肉などは、消費量も多いといわれています。

ちなみに、女性は、、、

オナニーする時、筋肉に力を入れることはできますが、大声は出せません。


自分の部屋などのプライベートな空間ではだれに声を聴かれるかわからないですからね。
ハァハァと小声を出すことはできるかもしれませんが、それでも聞かれるリスクはあります。

そこで、イク時に息を止める女性もいるそうです。
失神しない程度に気をつけていただきたいですが…。

今日は、女性のオーガズムに酸素が関わってることを一緒に勉強しました。


なんとなく、女性がイク時のメカニズムがイメージしていただけたでしょうか?
“筋肉の硬直”で脚をピーンとさせることなどは、男性にも心当たりがあると思います。

次にセックスする時に、女性の呼吸や、筋肉の様子を観察してみるのも面白いかもしれません。

もちろん、これはオーガズムのメカニズムのほんの一部です。
まだまだ、いろいろな要素が複合的に組み合わさることで、オーガズムは起こります。
それについてはまた、少しずつここでお話しさせていただきます。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。