Close

女性のオーガズム・サインの見分け方

“女性はイク時に、筋肉に力が入る”というお話を、先日させていただきました。

両脚を伸ばすような、いわゆる“脚ピーン状態”というのがわかりやすいものです。

ただ、「本当にイッているのかどうかわかりにくい」といった声も、よく私のところに寄せられます。

そこで今日は、オーガズムの時、どういう状態になるのか、見分け方のお話をさせていただきます。
また、簡単にですが、体位ごとのバリエーションも紹介します。

もちろん、女性によって個人差はありますし、この見分け方が“本当にイッている”という保証はありません。
真実を知っているのは、相手の女性のみです。

ですから、あくまでも“目安”として聞いていただければと思います。

4つの体勢でのオーガズム時の特徴

ここでは、「仰向け」「うつ伏せ」「横向き」「立ってる」場合の4つの体勢を例に解説していきます。

バリエーション1.仰向けの時のオーガズムの特徴

両脚をピーンと伸ばして、つま先を伸ばした状態になります。
そのほか、寝たままひざを立てて腰を浮かせ、背中を逸らせた状態になることもあります。

バリエーション2.うつ伏せの時のオーガズムの特徴

お尻を浮かせ、ひざで身体を支えた状態になります。
さらにすごい時は、脚がピーンと伸びて、つま先だけで身体を支えることもあります。

バリエーション3.横向きで寝てる時のオーガズムの特徴

ググっと身体を抱え込むような体勢になることがあります。

バリエーション4.立ってる状態でのオーガズムの特徴

中腰になり、踏ん張った状態になります。

どれも、太ももに力が入っている状態です。

筋肉の中では、太ももがもっとも大きい筋肉なので、ここに力を入れることでオーガズムを迎えやすくなるようです。

その他、体勢と関係ない部分でもオーガズムにはこんな特徴があります。

例えば、、、
・歯を食いしばる
・シーツをつかむ
・男性に抱き付く
・大声で叫ぶ
などなど。

これらは、太ももの筋肉に力が入ってるわけではありませんが、オーガズム時によく見られる特徴です。

ですが、このような反応は、演技でもできますので、本当にイッてるかどうかわからないですよね。
「オーガズムかどうか?」を見極めるには“慣れ”が必要です。

その方法として、、、

“血圧や脈拍の上昇による顔の紅潮”や、“発汗”も含めて、

イッたかどうか判断する方法もあります。

今回お話しした“体勢ごとの筋肉の特徴”と合わせれば、演技ではなく、本当にイッたかどうかの信ぴょう性は高まるはずです。

ですが、最初にも言ったように、“本当にイッたかどうかは、女性のみぞ知る”です。

自分の快楽ではなく、“女性をイカせる、気持ち良くさせる”ということを続けていけば、オーガズム・サインを見抜く力は自然と身についていくと思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
ピッピ
2019年7月27日 23:32

男性はイクとペニスが弛緩しますが、女性はイク直前にクリトリスが弛緩して急に柔らかくなることが多いと思います。その直後にオーガズムに達するようです。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。