Close

女性のペニスへの期待度を高める、後ろからの素股プレイ

ペニスに関する悩みの3大要素といえば、
・早さ
・サイズ
・勃起力
です。

これらを理由にセックスに自信を失いがちになってしまうケースはけっこう多いといわれています。

私も昔は、我慢できずにすぐイッてしまうことがありました。
今でこそ克服できるようになりましたが、このような悩みは多くの男性が抱えています。

そこで、このようなコンプレックスを気にせず、女性にペニスの存在感を意識させられるようなちょっとした方法お話します。

それは『素股』を利用した方法です。

“素股”は、風俗などでお馴染みの、“ペニスを挿入しない疑似セックス”のことです。

今回は、この素股を、後ろから行う方法を紹介します。

女性の後ろ側から素股をすると、

“安心感”と“ペニスの存在”の両方を意識する、という女性もいるようです。

ステップ1.女性を左側を下にして寝てもらいます。

男性もその後ろに添い寝するようにして寝てください。

ステップ2.女性の右足を上げてもらい、勃起したペニスの上側の部分を女性器にあてがいます。

ペニスの上側を小陰唇の多淫に沿ってピッタリと密着させてください。

ステップ3.女性の脚を降ろしてもらい、ペニスを股間の間にギュッと挟んでもらいます。

ペニスを女性器に密着させるように、女性に手で押さえてもらっててもOKです。

ステップ4.女性に少し脚を上げさせ、ペニスをつかませクリトリスに擦りつけるように指示してください。

「股間の間にペニスがある」という存在感を感じたうえで、そのペニスを使って擦らせるのが狙いです。

“後ろからの添い寝”は女性に安心感を与えます。

すると、リラックスしやすくするため、太ももに挟んだペニスの状態に集中するようになります。
この時、後ろから女性の耳元に囁いたり、声をかけてみるのも効果的です。

あなたは何もしなくてOKです。
女性も特に動かなくても構いません。
ペニスの存在感を認識させ、集中してもらうようにしてください。

この“後ろからの素股”は、男女ともにメリットがある?

男性は、ペニスを挿入しないので、すぐにイカないように調節することができます。
また、太ももに挟んでもらうことが目的なのでペニスのサイズなどのコンプレックスも関係ありません。

女性は、ペニスを太ももで挟むことで、ペニスの存在感を認識し、愛着を感じるようになります。
もし男性が半勃ちの状態でも、とりあえずギュッと挟んでもらいましょう。

挟んでいるペニスが固く大きくなってくると、「ちょっとうれしい」と感じる女性もいます。

ペニスを挿入しないこの“後ろからの素股”は、

挿入とは違う感覚を与えられます。

挿入前の前戯の段階に、この方法をちょっと取り入れることで、その後の挿入へのテンションを高まるかもしれません。

よかったら試してみてください。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。