Close

『錯覚性感帯』が重要

愛撫して女性が感じる場所だけを、『性感帯』と思ってしまいがちですが、そうじゃないパーツでも感じやすくすることができます。

例えば、乳首とかクリトリスなどの性感帯の近くを愛撫すると、神経の繋がりなどの影響で、周辺の場所や別の場所だとしても、そこを“感じる場所”と錯覚すると言われています。

そういった場所は、文字通り『錯覚性感帯』と呼ばれています。

もちろん、そこでオーガズムに達するほどの快感は与えられないかもしれませんが、そういった場所を丁寧に攻めることで、まるで体中が性感帯になったような感覚に繋がったり、深い没頭感や、セックス全体の満足感にも影響します。

錯覚性感帯は、普段あまり愛撫しないような場所が多くなります。錯覚性感帯を愛撫した後に、感じやすい性感帯を愛撫することで、セックスのスパイスになります。ぜひ、積極的に攻めていきましょう。

今日は、そんな錯覚性感帯の中から『会陰』の愛撫テクニックを紹介します。

手順

まずは、女性に仰向けに寝てもらいます。『会陰』は女性器と肛門の間のところです。

愛撫バリエーション1. そこに指を当ててトントンと叩いたり、指でぐぐーっと優しく押すようにします。

愛撫バリエーション2.  舌先でチロチロと舐めます。

会陰は、女性器と肛門の間にあるため、両方に対しての錯覚性感帯になります。

とても狭い場所ですが、ここでは段階的な刺激をプラスしていくことで女性がどの愛撫に反応するか探しすのも効果的です。

会陰の愛撫で多少の反応があれば、近くの性感帯への焦らしが効いてる証拠ですから、その流れで女性器やクリトリスの愛撫に移ると、大きな快感を感じるようになるかもしれません。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
まさゆき
2021年11月12日 20:36

前回送付先は不安でもうしこみできませんでした変えること可能でしょうか

返信
長寺 忠浩
長寺 忠浩
2021年11月13日 19:18

まさゆきさんコメントありがとうございます。配送先の変更は、弊社にメールかお電話でお問い合わせいただければ対応できると思います。できれば、ご注文前にご連絡いただければ助かります。よろしくお願いいたします。

返信
アバター
2021年11月13日 8:38

いきにくい女性っているんですね。こまってしまいます。
気長にマッサージですかね。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。