Close

女性器の構造の神秘

今日は、女体の神秘についてのお話です。

あなたは、女性の膣ってどんな形をしてると思いますか?

「ウネウネ、グニョグニョしたトンネルで、中はザラザラだったり、わりと広かったり、、、」

感覚的にはそうかもしれませんね。では、今度、指を入れて確認してみてください。なんとなく、数字の8を横にしたような形をしていると思います。それは、膣の上下の壁が膣内に出っ張っているからです。この上下の壁は、女性によって個人差はありますが、表面がザラザラしていたりします。

これは、ペニスを気持ちよくするための膣内構造なのです。

(本当かどうかは不明ですが、、、個人的になんとなくそう思っています)

膣内が、、、
・上下の壁で狭くなっている
・その表面はザラザラしている場合がある

というこの状態は、
「ペニスを締め付けながら、快感となる刺激を与える」
という機能を持っているのだと考えられます。

先ほど、「個人差がある」と言いましたが、このザラザラがツルツルの人もいます。

また、波模様のようなヒダヒダになってる人もいて、そういう女性は「ミミズ千匹」と呼ばれています。「名器」の代名詞なので聞いたことはあると思います。

そして、ザラザラが上の壁だけにあったり、全体的にあったりなど、女性によって様々だそうです。
「ゆるマン」と呼ばれる性器は、この上下の壁の出っ張りが少ないため、摩擦も少なくなってしまう女性のことなのかもしれません。

 

“ペニスに快感を与える構造”は、女性にもちゃんと快感を与えます。

上側の壁にはGスポットもありますが、そこのことではありません。実は、その手前の、膣口からすぐの部分のザラザラしたところも性感帯になっています。

考えてみれば、亀頭の上下に刺激が加わる方が、左右に加わる刺激に比べると、気持ちいいような気がします。

ちなみに、女性は、クリトリスも膣口も、Gスポットも膣内のザラザラも気持ちいいわけですから、どれくらい気持ちいいんでしょうか。うらやましい限りです。

男性を気持ちよくさせつつ、自分自身もちゃんと気持ちいい、、、あらためて女体の神秘を感じざるを得ません。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。