Close

女性器周辺の新たな性感帯を女性と一緒に探す

たまには女性器の周辺を愛撫することも大切です。

これは、、、
・女性器周辺部分の感じる場所の発見につながる
・クリトリスや膣口などのメインの性感帯の感度を高めるきっかけになる
といった効果が生またりもします。

例えば、クリトリスではなく、まずクリトリスの周りの部分を念入りに愛撫してみましょう。

クリトリスへの焦らしにもなりますし、周辺の愛撫で興奮度が高まったりします。
こういったアプローチをするだけでも、オーガズムでより強い快感を感じたりもします。

ちなみに小陰唇の場合も、、、

小陰唇の外側を指や舌でじっくりとなぞるような愛撫を繰り返してみましょう。

他にも会陰も、、、、
膣口に沿って指や舌でじっくり往復させてなぞってみましょう。

このように、性感帯の周囲を愛撫することは性感帯への焦らしになります。
そしてその後にメインの性感帯を愛撫したときの感度を高めることにつながります。

女性自身、気持ちのいい場所をはっきりとわかっていない場合も少なくありません。
「どこが感じるか?」「どうしてほしいか?」ということは漠然としてるものです。

なので、たまにはこうやって女性が「気持ちいい」と感じる新しい場所を一緒に探してみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。