Close

“射精感”をコントロールしながら、女性の興奮度をアップさせるヒント

「セックスのとき、彼女より先にイカずに、相手を気持ちよくさせたい…!!」

そんな声をよく聞きます。
興奮を抑えきれず、思わずイッてしまうことってありますよね。

そこで、射精したい気持ち…“射精感”をコントロールしながら、女性の興奮度もアップさせる、、、

今日は、そんなお話をさせていただきます。
少しでもヒントになればと思います。

カギとなるのは、“スローな焦らし”です。

ペニスを使う時、女性に“焦らし”の感覚を与えることに集中してみましょう。

焦らしテクニックには、4段階あります。

①挿入前の焦らし
②挿入時の焦らし
③挿入してからの焦らし
④奥まで挿入してからの焦らし

どれも、ペニスには、あまり摩擦感が伝わらないようになっています。
ですから、“男性の射精感が湧き上がってくるのを防げる”という効果もあります。

それぞれ、解説していきます。

“ペニスを使った焦らし効果”は、じっくり時間をかけると効果的です。

段階①.挿入前の焦らし

正常位の体勢で、まず、ペニスを膣口の入り口に擦りつけます。

次に、ペニスの先端に愛液を塗り、クリトリスに擦りつけます。

多くの男性がやる、あのプレイです。
なるべく、じっくり時間をかけながら何度かやってください。

“挿入しそうでしない…”というのがコツです。
「早く入れて欲しい…」
女性がそう思うようになれば、焦らしプレイは成功です。

段階②.挿入時の焦らし

今度はペニスを挿入していきますが、この時、ゆっくりと挿入します。
1cm入れては止まり、また1㎝入れては止まる…。
そして、亀頭の先端部分を挿入したら、一旦ここで動きを止めてください。

段階③.挿入してからの焦らし

亀頭部分を挿入して、しばらくしたら、ペニスを抜きます。
そして、①の時のように、ペニスをクリトリスに擦りつけてください。

引き続き、②の時のように、亀頭部分だけを挿入し、そこでストップします。
これを何度か繰り返してください。

段階④.奥まで挿入してからの焦らし

もし女性が「もっと早く動かして」とか「早く入れて」と言って来たら、ペニスを奥まで挿入します。
ただし、あくまでもゆっくりです。

先ほどと同じように、1㎝入れては止まり…といった具合に、時間をかけながら挿入します。
そして、奥まで入れたら、ピストンせず、男性の恥骨でクリトリスをグリグリ擦りつけてください。

それぞれの焦らし時間は、男性の裁量に任せます。

ただ、焦らされた女性が挿入を要求してるのに、あまり焦らすと、かえって逆効果の場合があります。怒って興奮度が冷めてしまうからです。
その辺のタイミングもうまいこと見極める必要はあります。

段階④で、深くまで挿入しても、なるべくピストンの摩擦は発生させないのがコツです。
腰をグリグリ押し付けるだけでも女性を感じさせることはできます。
この時は、そんなにペニスに摩擦も発生しないはずです。

このような“なるべく時間をかけた挿入方法”でも、

イッてしまうことはあると思います。

ですが、このやり方を繰り返すことで、ペニスが刺激に慣れ、射精コントロールもできるようになるかもしれません。そして、女性を焦らすことで、いつもより興奮させることが少しでもできるようになれば一歩前進です。

コツは、“ペニスに摩擦を起こさず、女性を焦らすこと”です。
少しでもヒントになれば幸いです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
Macky
2019年5月7日 18:45

焦らしのテクニック!大切なことですね、今夜も有難うございます。大変参考になりました、次回は応用してみます。

返信
アバター
2019年5月8日 10:15

「女性が本当にしてほしいセックスとは」と言う商材。
個人情報の提供を最小限に抑えて販売してくれ。
買うから。

返信
アバター
2019年5月8日 10:17

fc2で販売してくれ。
買うから

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。