Close

小陰唇のキワを攻める

小陰唇を開いたその内側部分、小陰唇の付け根(キワ)は非常に感度の高い性感帯になります。

しかもこの場所は膣内の括約筋とも繋がる8の字筋と接しているので、膣の内と外の両方の感度を高めるのに向いています。

女性器全体の感度を非常に高めやすい性感帯の1つです。

そこで今回は、そんな小陰唇のキワを攻めていくテクニックを紹介していきます。

手順

ステップ1.仰向けに寝た女性の脚の間に、男性はうつ伏せになります。

ステップ2.指を使い、女性の割れ目を開いてください。

ステップ3.舌先を尖らせて、その先端を小陰唇の内側の付け根に優しく押し付けます。(※舌の動きを分かりやすくするために写真では、指で舌の動きを再現しています)

ステップ4.小陰唇の付け根の輪郭に沿うように、舌先を上下に滑らせるように愛撫します。

小陰唇のキワ(付け根部分)を攻めるときは、指ではなくて舌を使うのがオススメです。

指だとフィットしにくいという理由もありますが、それよりも、その場所に、合った愛撫方法を行うことが重要です。

・指を使って攻めるか?
・舌を使って攻めるのか?
さらに、舌先なのか?舌の平なのか?

同じ小陰唇への愛撫だとしても、女性が感じる感覚は、全く別ものになります。

攻める場所によって、適切な愛撫方法は変わります。舌や指の使い分けを意識してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年以上も前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
杉浦k
16:51

セックスについて正しく理解できました

大丈夫そうです、
体力が衰えてきましたので、
少ない回数で 時間を長くするように
しています、

返信
アバター
しいたけさん
11:19

しいたけさん
いつもいつも、見てます、読んでます セックスって、何と 難しいと、思っております、先生、技を、まねよう と思っておりますが、なかなか、上手く出来ませんね

今後共 先生のご指導
読まさせ頂きますので

宜しくお願い致します。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。