Close

恥丘とクリトリスに手を置いたGスポット愛撫

今日は、Gスポットを刺激するときのコツについて紹介します。

恥丘とクリトリスを同時に愛撫する方法です。まずは、感度をあげるため、恥丘を手で温めながら行います。それでは手順をみてみいきましょう。

手順

ステップ1.左手を恥丘の上に置き、親指をクリトリスの上に添えます。

ステップ2.恥丘が温まってきたら、右手を膣に挿入し、Gスポットに当てます。

ステップ3.指でGスポットを一定のリズムで繰り返し押し続けてください。

Gスポットは、指の第2関節まで入ったときに上に曲げたあたりにあります。
特に特徴があるわけではありませんので、押したとき時の女性の反応を見ながら探してください。

恥丘に置いた手も、クリトリスに置いた親指も動かす必要はありません。
目的は、恥丘を温めて女性器の感度を高めること、そしてクリトリスに関してはふれているだけでも十分に女性が快感を感じます。

このようにGスポットを中心に、3点同時に攻めてみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。