Close

恥骨は、さするよりも揺らした方がいい

女性の恥骨を愛撫したことはありますか?
…なかなか積極的にはないですよね。

肩やひざなどのような“骨張っている部分”は、皮膚が薄いため、性感帯であることが多いです。
そのため、さすることで、性感をアップさせることができます。

ですが、女性の恥骨は、『恥丘』の下にあるため、
・多少、肉厚である
・陰毛がある
などから、そこまで皮膚が薄いわけではないので、さすってもあまり効果がありません。

恥骨の場合は、揺らした方が性感をアップさせやすいです。

その理由は、、、

クリトリスに振動の刺激が伝わるようになるからです。

恥骨のすぐ近くにはクリトリスがあります。
“クリトリス近いため、振動が伝わりやすい”という理由ももちろんありますが、もう少し深い話をしますと、、、

クリトリスは、恥骨の真下のところから“くの字”に折れ曲がって体内に続いています。
そして、そこから二股に分岐して、骨盤に沿って下の方、つまり肛門の方向に伸びています。

つまり、クリトリスは、恥骨の真下から骨盤にかけて、引っ付いて体内に伸びているのです。
ですから、恥骨に与えた振動は、そのまま骨を伝ってクリトリスにも伝わり、性感を感じると考えられます。

具体的な揺らし方ですが、、、

恥骨をブルブル揺らすには手の平全体を使って揺らします。

ステップ1.女性に仰向けに寝てもらい、両脚を少し開いてもらいます。

脚を閉じると、手を当てにくくなるからです。

ステップ2.右手の手の平の付け根部分を恥骨のやや下の方に当てます。

あまり下に当ててしまうと、クリトリスに当たってしまいますので当たらないよう注意してください。

ステップ3.肘に力を入れてブルブルと手を振るわせます。

肘に力を入れると、力が分散されず、均等に伝わりやすくなります。
左右方向がやりやすいですが、やりにくければ上下方向など、自分のやりやすい方向を見つけてください。

最初は弱めの振動から始めて、コツをつかんでください。

慣れてきたら、徐々に強めの振動に切り替えていってください。
しばらく続けると、ジワジワと女性の性感が上がってくるようになります。

実は、恥骨の部分にはツボがあります。

『曲骨(きょっこつ)』というツボが1つと、『横穴(おうけつ)』というツボが2つです。
どちらも性感をアップするツボではなく、月経不順や子宮の不調を改善するツボです。

直接関係してないかもしれませんが、恥骨を揺らすことで、ツボも一緒に刺激されている可能性はあります。周辺の血流が活性化されて神経が反応しやすくなることも体内のクリトリスが感じることを後押ししてるかもしれません

最後は話が逸れてしまいましたが、まとめますと、、、
恥骨も1つの性感帯です。

揺らすことで効果が出てくるようになりますので、興味があればぜひ試してみてください。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

しれいかん
2019年6月19日 23:21

フォームは写真とは違って指先が女性の足の爪方向になる形で下着の上から行う事が多いです
じわじわ気持ち良くなるようで、非常に好評です

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。