Close

意外な性感帯!?女性の顔へのキスのやり方

kaokiss

「刺激LIFE」の長寺です。

今回はセックスの序盤で使える、
顔へのキスのテクニックを紹介します。

キスというと、唇と唇を合わせるものという
イメージが強いかも知れませんが、、、

女性の顔には意外な性感帯が隠れています。

ポイントは、
皮下脂肪の薄い部分を攻める
ということです。

皮下脂肪が薄い部分は小さな刺激がダイレクトに神経に伝わるので、
唇で軽く触れるだけで女性を感じさせることができます。

特に女性が感じやすい3つのスポットをご紹介します。

上唇のふちへのキス

男性の口ひげが生える部分、
と考えると分かりやすいと思います。

この部分は、とても敏感です。

唇をすぼめて、触れるようなキスを繰り返しましょう。

そうすると、相手の女性がリラックスしてくるので、
その後のキスでも感じやすくなります。

また、唇へのキスを焦らす効果もあります。

焦らしのテクニックとして間を空けるのも一つの手ですが、
違う部分に愛撫をする、というのもぜひ試してみて下さい。

頬骨の出っ張っている部分へのキス

顔というのは、実は様々な多くの筋肉があります。
沢山の筋肉によって、人間は、
バラエティー豊かな表情が造れるようになったそうです。

そして、顔の中でも、頬骨の周辺が、
最も多くの筋肉が交差している場所なんだそうです。
ですから、とても敏感に出来ています。

ただほっぺたにキスするのではなく、
ぜひ頬骨の出っ張っている部分にキスしてみましょう。

まぶたへのキス

顔の中で、一番皮膚が薄い部分はどこだか、

あなたは知っていますか?
それは、眉尻からまぶたにかけての部分です。

皮膚が薄いので、
それだけ刺激を、感じとりやすい部分です。

この部分には、唇の内側の柔らかい部分を、
押し付けるようにキスをしましょう。

あなたの唇の柔らかさや熱を感じて、
女性もいっそう興奮が高まります。

 

いかがでしたか?

一つだけ気をつけてもらいたいのが、
唾液を出しすぎない、という点です。

顔を唾液でベタベタにされると、
女性は不快感を感じてしまいますから。

この点さえ守って貰えれば、
顔へのキスを嫌がられることはまずありません。

唇以外の部分にもどんどんキスをして、
キスの上手な男になってください。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。