Close

感じにくい『会陰』を感じる性感体にさせる方法

“性感帯”といわれている場所を攻めた時、
「指や舌を使っていろんな愛撫をしてるけど、なかなか感じてくれない…」
そんな経験ってありませんか?

例えば会陰(えいん)なんかそうですよね。
擦っても、押しても、揺らしても、特に反応がない、、、

そこで、“何の刺激も与えない”という方法があります。

ようするに“何もしない”、ということです。

そうするとどうなるかというと、、、

会陰がクリトリスに連動して感じるようになっていきます。

会陰は、膣口と肛門の間にあり、クリトリスの近くにある『錯覚性感帯』に分類される部位です。

錯覚性感帯というのは、乳首やクリトリスなど、強い反応を持つ性感帯の近くにある性感帯のことです。
そこを刺激することで、乳首やクリトリスにも刺激が伝わるかのような錯覚を起こすわけです。

例えば、乳房の周辺などがそうです。
乳房の外側から内側に向けてグルグルと指を回転させながら這わせて徐々に円の幅を狭めていくとします。すると、女性は乳首が感じてくるような感覚を覚えるわけです。

その理由は、乳首愛撫への“期待感”がそうさせているからと考えられています。

会陰も同じです。
そこを刺激することで、女性は“クリトリスへの愛撫”を期待するようになるわけです。

ですが、会陰だけをずっと触っていても何も起きません。
そこで、まず、、、

キスしたり乳首を愛撫しながら女性の興奮度を高めておくと効果的です。

やり方はこんな感じです。

ステップ1.女性を仰向けに寝かせ、両脚を開いてひざを立てておいてもらいます。

後で会陰に触れるので、少し大きく脚を広げてもらってください。

ステップ2.男性は女性の横に添い寝し、キスしながら右手で女性の左側の乳首を愛撫します。

利き手が右手の場合、このように女性の右側に添い寝すると手が使いやすくなります。

ステップ3.今度は女性の右側の乳首を舌で愛撫しながら、男性の右手を会陰の方へ持っていきます。

右手と舌で両方の乳首を攻め、さらに女性の興奮度を高めていきます。

ステップ4.最後に、右手の人差し指か中指のどちらか1本を会陰に持っていき、会陰に当てたまま動かさず、乳首愛撫はそのまま続けてください。

会陰に当てる指は、強く当てすぎても、弱すぎてもダメです。

会陰を攻める前に

まず“クリトリス以外の強い性感帯”を刺激して興奮度を高めておきます。
そのために最初にキスで感情を高め、続いて乳首を攻めるわけです。

この後、会陰を指で触れると、指を動かさなくても指の存在感を増していきます。
指がクリトリスを触ったような錯覚を起こすわけです。

そして、このまま乳首愛撫を続けることで、会陰も感じてくるように錯覚するわけです。

もし女性がクリトリスの愛撫を求めてくるようになったら、そちらに移行しましょう。
あまり焦らしすぎると、せっかく高まった興奮度が冷めてしまうことがあります。

会陰はメカニズム的には快感を感じてもおかしくない場所です。

それは、
・ちょうど会陰の下に『8の字筋』が通っている
・体内につながっているクリトリスが会陰の近くに通っているという説がある
などの理由からです。

それでもやはり、あまり感じることのない場所です。
ですが、今回のような愛撫をすれば、もしかしたら“会陰も気持ちいい”と感じるようになるかもしれません。

上手く感じるようになれば、それは“会陰開発”につながることにもなります。

この方法は、会陰以外の場所でも使えるかもしれません。

つまり、反応の鈍い性感帯は、そこを単体で刺激するのではなく、このように指を当てておくだけにします。そして、他の強い性感帯…乳首かクリトリスを刺激すれば、反応の鈍い性感帯が“気持ちいい性感帯”に開発されていく可能性はあると思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
イオン
2019年5月6日 17:19

時間かけて色々な方法しても感じません。(マグロ)
今回の会陰トライしてみます。
もう少しこの様なテクニック伝授願います。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。