Close

新説!Gスポットから奥Gスポットまでの一帯がなぜ感じるのか、、、?

「奥Gスポット」というものがあります。
ご存知かもしれませんが、その名の通り、Gスポットよりさらに奥にある快感スポットです。

Gスポットは、存在自体が完全に証明されているわけではありません。
そのため、「感じるメカニズム」もよくわかっておらず、諸説ある状態です。

ただ、多くのAV男優さんが攻めているし、実際、Gスポットや奥Gスポットで感じる女性は大勢います。

現在のところ、Gスポットが感じるのは、「体内に広がるクリトリスを刺激するから」という説が有力です。
ですが、奥Gスポットのある場所は、「体内クリトリス」が無い場所です。
ということは、「体内クリトリス」ではない別のメカニズムがあるのではないでしょうか?

そこで考えられるのは、「“膀胱と尿意”がカギではないか?」ということです。

奥Gスポットは、Gスポットに比べると、あまり知られていないポイントです。

女性を仰向けに寝かせた状態を例にして説明します。

Gスポットの上には、尿道と体内クリトリスがあります。
また、その奥にある「奥Gスポット」の上には、尿道と膀胱があります。

尿道の周りは「尿道海綿体」というもので覆われていて、膀胱まで続いています。
そして、興奮すると海綿体に血液が流れ込み、膨らむ機能があります。
男性でいうところの、陰茎に血液が流れ込んで勃起する状態と一緒です。

一部の科学者の間では、

Gスポットが感じるのは、この尿道海綿体が「快感」と錯覚して感じ取るからだ。

という説もありますが、これも確証されているわけではありません。
男性は、自分の陰茎を握ると気持ちいい場合もあるかもしれませんが、ちょっと弱い気がします。

ですが、女性の尿道海綿体には、快感を感じる機能があるのかもしれません。
この科学者の説を、ここでは仮に「有効」としておきましょう。

ところで、ここで気になるのが「尿道」と「膀胱」です。

Gスポットを押した時、女性は尿意を感じることがあります。

これは、膣内から「尿道海綿体ごと膀胱を圧迫」するために起こります。
あなたも、おしっこしたい時にお腹を押すと辛いですよね。

先ほど言った「膀胱と尿意がカギ」というのはこの部分です。
Gスポットが感じるメカニズムは、

・体内クリトリス
・尿道海綿体
・膀胱の尿意

という3つの相乗効果から生まれるものだと考えられます。

奥Gスポットを押す時も、体内から尿道海綿体ごと膀胱を押すことになります。
奥Gスポットのところに「体内クリトリス」が無くても感じるのは、「尿道海綿体」と、「膀胱の尿意」という2つの要素だけでも快感が起こるからなのかもしれません。

それがGスポットから奥Gスポットまで連なるエリアの、快感のメカニズムではないでしょうか、、、?

今日は、「尿道海綿体に快感を感じる機能がある」という説が有力な場合に通用するお話です。

ですが、奥Gスポットが感じる女性が実際にいることも考えると、ありうる話だと思います。

女性自身も自分の身体のGスポットがどんな機能なのかわかっていません。
まだまだ研究は必要ですが、そのうち解明される日も来ると思います。

でも、“体内側から刺激を与えて女性を感じさせる”というテクニックには、どこかロマンを感じませんか?

もしあなたが
「Gスポットは攻めたことがあるけど、奥Gスポットはまだ攻めたことがない」
というのであれば、一度、「尿道海綿体」と、「膀胱の尿意」を意識しながら挑戦してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。