Close

普段、スルーしがちな大陰唇をちゃんと攻めると、効果的な性感帯になる!?

ちょっと思い出していただきたいのですが、
『大陰唇』は、普段、あまり愛撫をしない場所なのではないでしょうか?

「肉厚だし、神経の反応も鈍そうだし、、、それよりもクリトリスが近くにあるので、わざわざ攻めないですよ」

…ごもっともだと思います。

ですが、愛撫のやり方次第で、効果的な性感帯に生まれ変わるとしたら興味ありませんか?

もちろん、それでイカせられるほど効果があるわけではありませんが、
大陰唇が感じやすくなるように『開発』していく方法があります。

そのカギは、身体の中にあります。

実は、『体内クリトリス』を刺激することを意識すると、大陰唇が感じるようになっていきます。

クリトリスは、目に見える部分だけがクリトリスというわけではありません。
そこから体内の奥深くまで伸びていて、途中で二股に分かれて肛門の方まで続いています。

そして、この二股に分かれたクリトリスは、大陰唇の下も通っているそうです。つまり、大陰唇に刺激を与えることは、体内クリトリスに性感を与えることになるわけです。

ただ、大陰唇は肉厚なため、愛撫の刺激が届きにくい場所です。
そこで効果的な愛撫方法となるのが『振動』の刺激です。

大陰唇への愛撫は、

『振動』させた後、『擦る』『舐める』の連携プレイで行います。

ステップ1.両手の小指の側面部分を、左右の大陰唇のところにピタリと当ててください。

手刀でチョップする時に当てる部分です。
指先を使う方法もありますが、この部分を使う方が、広い面積の部分に強い振動を与えることができます。

ステップ2.手を振るわせて大陰唇に小刻みな振動を与えます。

揺らす時は、肘に力を入れると一定の振動を発生させやすくなります。
振動の方向は、左右でも構いませんが、上下の方が奥深くまで振動が伝わりやすくなります。

ステップ3.そのあとは、両手の人差し指か中指1本ずつで、左右の大陰唇に指の腹の柔らかい部分を這わせます。

大陰唇へは、触れるか触れないかのフェザータッチが有効です。
指を這わせる方向は、“上下にゆっくり”が基本ですが、特に下から上に這わせるときは、ゆっくりとするのがオススメです。
左右とも同時に動かした方が女性も愛撫に集中しやすくなります。

ステップ4.最後に、大陰唇をクンニします。

片方ずつ交互に行いますが、舌を動かす時の方向や速度は、指の時と同じにすることをオススメします。
下から上に向かうときはゆっくりと舐め上げていってください。

振動を与える時は、

奥深いところにある体内クリトリスに届くことをイメージすると伝わりやすくなります。

指を下から上に向かって這わせる時、親指を使うとやりやすくなります。
つまり、上から下に降りていく時は、人差し指か中指を使い、上に上がっていく時は親指の腹を使う、というわけです。

もちろん、往復とも同じ指でも構いません。
また、どちらとも親指を使って往復させても構いません。

舌は1つしかないので、クンニの時は、左右同時にすることができません。
ですが、片側ずつでも十分効果はあります。

また、応用技として、片方の大陰唇を舐めてる時に、もう片方の大陰唇を指で擦るのもありです。

その場合は、押し当てる圧力や速度などは舌と揃えてください。
その方が女性も集中しやすくなるからです。

最初に振動の刺激を与えることで、

その後の『指愛撫』と『クンニ』の効果がいつもより高まります。

大陰唇は、セックスの際のピストン運動を和らげるクッションの役割を果たしています。
そのため肉厚で、それ単体では反応の鈍い性感帯になっています。

今日は、『体内クリトリス』に刺激を伝えることで、「気持ちいい」と感じるようになる手法をお話しさせていただきました。
大陰唇を“感じる性感帯”に開発することができるようになるわけです。

最初に大陰唇に振動を与えることで性感が目覚めるため、その後の指愛撫などに対して、いつもより反応しやすくなるという効果があります。

また、もともと大陰唇はクリトリスに近いため、ここへの愛撫は、“クリトリス愛撫への期待感”を高めます。

これは、「早くクリトリスを愛撫してほしい」と女性に思わせる“焦らし効果”として有効です。

今回の手法では、体内クリトリスに振動を与えておくことで大陰唇周辺が敏感になっているため、さらなる“興奮”が見込めるはずです。

『振動の愛撫』の後に、『指愛撫』、『クンニ』と続けていくのは、焦らし効果をさらに高めるためです。

“大陰唇の開発”で激しいオーガズムを与えられるわけではありません。
ですが、セックスの序盤で気持ちを高めさせる効果はあると思います。

その後のセックスも盛り上がるかもしれません。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。