Close

正常位で女性の膣の高さが合わない時のピストン法

ペニスを挿入しようとしたとき、女性の膣口の高さが合わないと感じたことはありませんか?

『上つき』『下つき』なんて言われますが、おそらく完璧に合う女性の方が珍しいかもしれません。
なんとなく高さを調整しながら、ペニスを挿入している男性も多いみたいです。

ですがここで!
高さが違うことを利用して、女性をメチャクチャ気持ちよくできるピストンテクニックがあります。

今回の記事では、そのピストン方法を紹介したいと思います。

手順

ステップ1. 女性の膣にペニスを挿入します。

ステップ2. ペニスの亀頭~竿までを、女性の『お腹側の膣壁』か『お尻側の膣壁』にしっかりと当ててください。(当たりやすい方に当てます)

※写真はお腹側の膣壁に当てている場合です。

ステップ3. ペニスと膣壁が離れないように意識しつつ、そのまま大きくピストンしていきます。

ペニスで突くのではなくて、ペニスを竿ごと押し付けたまま、女性の膣壁を大きく擦るのがポイントです。

女性の膣壁も性感帯の1つなので、『しっかりと擦り合わせる』ということを意識して大きくピストンすることで、気持ちが良い快感を女性に与えることができます。

※ちなみに、補足になりますが、高さが合っていない状態で、普通にピストンをしていると、女性器の入口に負担をかける場合があります。入口周辺は、ヒリヒリとした痛みを感じやすい場所なので、高さが合わない場合には、女性器、入口への負担も意識しましょう。

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

この記事へのコメント

匿名
20:50

こんにちは!

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。