Close

浅く突く? それとも、深く突く?

あなたの彼女は、
セックスでピストンする時、、、、

浅く突かれるのが好きですか?

それとも、
深く突かれるのが好きですか?

今回は、
どちらのタイプの女性でも、
満足させることができる
ピストン方法を紹介します。

そもそも、女性の膣内の
浅い部分と深い部分のどちらにも、
感じやすいスポットがあります。

まず、浅い部分ですが、
一番感じやすいのは
Gスポットですよね。

ですが、それだけでなく、
膣の入り口周辺も敏感な部分なので、
ペニスを挿入するだけで
快感を感じます。

一方、深い部分は、
ポルチオがあります。

さらにポルチオの手前側にも
感じるスポットがあります。

深い部分のほうが
強い快感を感じられる女性も
少なくないのです。

では、
浅い部分と深い部分の
両方を同時に攻めるには
どうすればいいのか?

その答えは
単純な話なのですが、、、、

浅いピストンと深いピストンを
交互に繰り返すだけです。

よく、2浅1深とか
言いますよね。

そんな感じで、

クイッ、クイッ、ズドン、
クイッ、クイッ、ズドン、
クイッ、クイッ、ズドン…

と、繰り返してみましょう。

2浅1深でも、3浅1深でも、
好きなリズムでOKです。

膣内の複数のポイントを
刺激されるので女性にとって
かなり気持ちいいピストンになります。

それと、
この方法のメリットは
もう1つあります。

何かというと、
女性がイキやすくなること。

実は、
次々にピストンのやり方を変えるよりも、
一定のリズムで続けたほうが、
女性をイカせやすいのです。

電車のガタンゴトンという
振動で眠くなる、、、、

のとはちょっと違うかもしれませんが、
一定のリズムが続くと、
何か心理的な効果があるのかもしれません。

女性を膣内でイカせたいという場合は、
ぜひこのピストン方法を試してみてください。

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。