Close

潮吹きに必要なものは「重力」、、、!?

あなたも私も地球の住人です。

この惑星に住んでる以上、重力という呪縛から逃れることはできません。
りんごが落ちるのも、空を飛べないのも、歳を取るとおっぱいが垂れ下がるのもみんな重力があるからです。

ですが、この重力を利用することで「潮吹きさせやすくなる」といったら、興味ありませんか?
これはある男優さんから聞いた話です。正しいかどうかは、わかりませんが“重力と潮吹きの関係”のひとつの説として聞いてください。

潮吹きのメカニズムについて

AVなどで見かける「潮吹き」。女性をイカせるテクニックではありませんが、イカないとわかっていても「パフォーマンスとしてやってみたい」と思いますよね。
安心してください。潮吹きはコツさえつかめば、マスターできます。

「潮」は、「尿」という説があります。尿独特の匂いがしないのは、アンモニア成分が混ざる手前の状態だからといわれています。尿の可能性があるように、「出てくるのも尿道から」と言われています。

では、どうやって出てくるのかというと、、、

Gスポットを擦り続けると吹き出します。

その鍵は、Gスポットと膀胱の位置関係にあります。

Gスポットは膀胱のすぐそばにあります

Gスポットを刺激すると、膣壁の裏側の膀胱に刺激が伝わり、尿が尿道口の近くにたまってきます。

指で触っていると、少し膨らんで固くなるように感じますので、そこを掻き出すように動かせば潮吹きが起こります。
一説によれば、この間の壁が薄いほうが潮を吹きやすいともいわれています。

先ほど重力を利用するといいましたよね?
そろそろ、そのAV男優が話していた「重力と潮吹きの関係」についてお話しします。

彼が言うには、

「膀胱と尿道口の位置を考えた場合、尿は上から下に向かった方が落ちやすくなるでしょ?
つまり、寝た体勢よりも、身体を起こした体勢の方が、尿は出やすくなるわけ」

とのことで、つまり、

女性の身体を起こすと、潮吹きしやすくなるそうです。

「これが “重力を利用する”ってこと」

彼はこのように言っていました。

本当か、、、? とは思いましたが、経験者の言葉なので、参考にすると価値があると思います。
コツとしては、身体の角度は45度以上あれば十分だそうです。立った状態でもいいけど、立った状態を維持する方に集中してしまうので、45度くらいの方がちょうどいいそうです。

あまりに単純なロジックなのでちょっと懐疑的ですが、もしかしたらヒントになる人もいるかもしれません。

「45度にする時は、女性の背中側にクッションなどを高く積んでそこにもたれかからせたり、ソファに浅めにもたれかからせるとやりやすいですよ。
両手を後ろに着いてもいいけど、女性によっては集中しにくいかもね」

また、女性がリラックスした状態でいることも大切で、真正面から向かい合うより、横側の位置からGスポットを刺激した方が恥ずかしがらないとか。
女性が潮吹きに集中できるような環境を作ることも潮吹きを成功させるコツだそうです。

潮吹きは、男性側の満足度の高いプレイです。

男性がこだわるのは、「潮吹き」と「射精」が似ているので、そこに“達成感”みたいな共感を感じるのかもしれません。

女性も最初は感動したりビックリすることがありますが、これでイッてるわけではありません。そして、潮を吹かないからといってひたすら攻め続けていると、女性は冷めてしまいますので、その場合は次の機会に挑戦しましょう。

今日は、ある男優さんから聞いた話を元に、“重力と潮吹きの関係”から、潮の吹かせ方を考えてみました。女性の体勢を変えて重力を利用するという方法です。

本当かどうかはわかりませんが、もしあなたが「潮吹きが未体験」なら、ヒントになるかもしれません。一度試してみるのもいかがでしょうか?

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。