Close

爪を使った2種類の愛撫を同時に行って、女性に違った快感を与える

女性をタッチする時は、指先を使うことが多いことと思います。
指先や指の腹の柔らかい部分を使うのが自然な愛撫ですよね。

以前、「手を裏返して、爪を使ってタッチするのも効果がある」というお話をさせていただいたことがあります。

指の腹側と爪側を交互に使い分けることで、女性に違った感覚を与えることができる、というお話でした。
固い爪は、指の腹と違った刺激を与えることができるからです。

そんな「爪」ですが、実はこの「爪」だけを使った連続愛撫があります。

爪でタッチする時、動かす方向によって女性の感度が変わる!?

爪を使った愛撫の代表的なものは、次の2つの動きに分けられます。

1.ガリガリと引っ掻く動き

「爪で引っ掻く」ような動作ですので、肌に鋭い刺激を与えます。
上から下に向かう時に効果を発揮します。

2.ススーッと爪の表面を当てる動き

手を軽く握り、爪の表面を使いますが、滑らかな感覚の刺激を与えます。
下から上に向かう動きになります。

この2つの愛撫を、指の腹を使わず、爪だけで一度のプレイで使ってみましょう。
そうすることで、2種類の違った快感を女性に与えることができます。

指の腹と違って、爪は2種類の刺激の快感を与えられるパーツです。

女性を愛撫するときは、上下方向に爪を這わせてください。
上から下に優しくガリガリ、下から上に優しくススーッと、爪でなぞる感覚です。

タッチする場所は、肌の部分であればどこでも大丈夫です。
ここでは、仰向けに寝た女性のわき腹へのタッチを例にします。

爪を使ったタッチ・テクニック

ステップ1.女性のわき腹の上の方に親指以外の4本の指の爪を。軽く立てるようにして当てます。

わきの下あたり、乳房の横あたりになります。

ステップ2.爪を立てたまま、軽めの圧力を加えながら下に向かって動かしてください。

腰のくびれ部分を経由して、骨盤のあたりまで爪で優しくガリガリする感覚で引っ掻いてください。

ステップ3.爪を当てたまま、今度は今来た道を上に向かってゆっくりススーッと戻ってください。

こちらも4本の指で引き続き行ってください。

ステップ4.わきのそばまで行ったら再び爪で軽く引っ掻くようにして下がっていき、これを繰り返します。

爪を使う部分をチェンジするのに少し戸惑うかもしれません。指の腹を使ってしまう確率は高くなりますが、まったく問題はありません。

爪は、あまり長すぎないように気をつけてください。

短く切っても効果はありますので、あらかじめ爪の手入れはきちんとしておきましょう。

爪を優しくガリガリする時は、当り前ですが、強くやりすぎて女性を傷つけないように注意しましょう。

女性にタッチする時は、指の腹も、爪も、「縦の方向」にするのが感じやすいようです。

この「縦の方向」の愛撫は、基本的には、皮膚の薄い部分にやると敏感です。
ですから指の腹よりも、爪を使った方がさらに鋭い感覚の刺激を与えられると思います。

また、この爪を使った愛撫は、お尻に使ってこそオススメです。
お尻は、神経が皮膚の奥にあるため、他の肌の部分に比べて鈍感になっているからです。
やり方は先ほどと同じく、上から下にガリガリ、下から上にススーッとです。

普段、指でするタッチとは一味違った感覚を女性に味わわせることができる、爪の愛撫。
いつもよりもさらに鋭い快感を与えられるかもしれませんのでお試しください。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。