Close

男性にはわからない、挿入直前にペニスを女性器に擦りつけることの効果

セックスのあるある話です。

あなたは、挿入直前にペニスを女性器に擦りつけませんか?
AVなどでもよく見かけるシーンですよね。

ですが、AVを観なくてもおそらく本能的にそういった行為はするんじゃないかと思います。

というのは、そうすることで
・挿入を焦らして楽しみたい
・ペニスに愛液を馴染ませたい
・クリトリスを刺激したい
といった効果があることをわかっているからです。

実はこの行為、女性にとっても別の意味でありがたいことらしいのです。

なぜかというと、、、

ペニスを擦りつけられることで小陰唇が広げられるからです。

実は挿入の時、たまに、
小陰唇のビラビラがペニスと一緒に膣内に巻き込まれることがあるそうです。

男性にはわからないことなのですが、この時、すごく痛いらしいのです。
もちろん、煩雑に起こることではないのですが、ビラビラが大きく肥大して柔らかい女性の場合、それが顕著になるそうです。

ですから、多くの男性が挿入前にペニスで膣口の周りをヌリヌリするというこの行為、、、
小陰唇が広げられて事故率も少なくなるため、女性にとっては安心できるそうです。

ただ、言うほどでもないかもしれませんが、一応そこにも手順はありますので見てみましょう。

小陰唇をペニスで拡げてから挿入する方法

ステップ1.仰向けに寝た女性の女性器にペニスの先端を近づけます。

ここまで、女性の興奮度が高まって愛液が出ている状態とします。

ステップ2.ペニスの先端を膣口に付け、愛液を塗り広げるように膣前庭の上に上下に滑らせてください。

クリトリスまでペニスを滑らせるのは構いませんが、基本的には小陰唇のビラビラを広げることが目的です。

ステップ3.今度はペニスの先端を左右に動かし、小陰唇のビラビラを左右に広げてください。

これがメインの目的です。

ステップ4.小陰唇がペニスに絡みつかないことを確認しながらペニスを挿入していきます。

小陰唇が絡みつくようであれば手で小陰唇を押さえながらペニスを挿入してください。

ペニスで小陰唇を広げることが目的なので、

本来はクリトリスまでグリグリしなくてもOKです。
ですが、挿入前にこのようにペニスで焦らす行為は愛液を分泌させる効果もありますので問題ありません。

小陰唇を左右に広げることが、今日のお話のカギになります。
このような行為をやる男性は少ないと思います。

本来は女性が興奮状態だと、小陰唇に血液が流れ込み、膨らんで自然と左右に開くようになります。
いわゆる勃起した状態です。
ですが、個人差があるため、必ずそうなるとは限りません。

小陰唇を膣内に巻き込んでしまうような事故は、いろいろなケースで起こります。

例えば、
・興奮した勢いでズドンと挿入した時
・女性の両脚を閉じさせた体位でペニスを挿入する時
などです。

例えば『立ちバック』などは、正常位の時に比べて女性の両脚が広がりきっていないですよね。

男性にはその痛みはわからないですが、こういうことを知ってることって重要だと思いませんか?
ペニスを挿入する時、さりげなくこういうことを注意できるような男になりませんか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

Macky
2019年7月5日 19:59

いつも有難うございます!
これ何時もやってます。

返信
金正恩
2019年7月9日 20:04

俺も、いつもヨメさんとオメコ(エッチ)する時、やってるで。オメコのエッチな臭い匂いを存分に楽しみながら、エッチに腫れた亀頭を大陰唇、小陰唇、陰裂、クリトリスをヌルヌルと擦って、
時にはエッチなオメコの臭いにコ~フンし過ぎて亀頭をオメコに入れる寸前にエッチな臭いチンポ汁を射精してしまう事が有ります。気持ち良過ぎて、未だオメコした事無い人や、早漏の人は気を付けよう!まぁ、ほとんど、素股ですがね。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。