Close

立ったまま女性の片脚を上げて挿入する「松葉崩し」を実際やってみて、、、

あなたは、何気なくAVを観ていて、気になったプレイを実際に試してみたことってありませんか?

例えば、お互いが立ったまま、男性が女性の片脚を持ち上げて、斜めからペニスを挿入するシーンがあります。
AVでは定番ですよね。立ったままする「松葉崩し」みたいなものです。

実際、試したことがあるならお分かりだと思いますが、あれってイマイチじゃありませんか?
そんなに興奮するものでもないし、第一、脚を持ち上げてなきゃいけないので疲れます。

女性はどう思っているかというと、、、

「ポルチオに当たりやすい」そうですが、立ったままでは集中するのが難しいそうです。

そもそも、女性がそれで中イキしたとして、力が抜けたら足腰が崩れてしまうので危険です。
やはり、あれは「AVで観せるため」のショー的なものであって、実用的ではないようです。

ただ、やってるうちに、もっといい方法を思いつきました。

挿入してから、女性の両脚を下ろすと、締まりがキツくなります。

それは、両脚が閉じられることで膣内の摩擦が増えるからです。

また、次のような効果もあります。
・女性はバランスが安定するので集中できる
・男性は両手が使えるから他の場所も同時に愛撫できる

とても簡単なプレイですが、一応、手順を紹介します。

立ったまま両脚を閉じさせる「対面立位」

ステップ1.女性に壁に背を付いた状態でこっち向きに立ってもらいます。

男性と向かい合った状態になります。

ステップ2.男性は、右手で女性の左の太ももを持ち上げます。

肘に太ももをかけると楽に抱えられます。

ステップ3.男性は少し膝を曲げ、下から上に向かって突き上げるように挿入します。

身長差がある場合、下に台を置くなどして高さを工夫してください。

ステップ4.奥まで挿入したら、抱えていた女性の脚をそっと下ろします。

女性の両脚はまっすぐに、そして男性の両脚は女性の外側に来るようにしてください。

ステップ5.男性は上に突き上げるようにピストンしながら、両手で乳房などを愛撫してください。
手は2本ありますので、それぞれでクリトリスと乳首を同時に愛撫するのもありです。

最初に挿入する時は、女性が片脚だけで立つことになるので、不安定になります。

ですが、壁に寄りかからせることで安定するようになります。
ただ、よろけて転ぶことのないよう、しっかり支えてあげてください。

あたりまえですが、この段階までに、女性器が愛撫で濡れている状態かどうか確認してから行ってください。

この時、ペニスが抜けやすくなるのでストロークは小さめにしましょう。

膣に対して挿入角度が浅くなるためです。

また、両脚を閉じて膣が狭くなっているので、浅い挿入だとペニスが弾き出されてしまうことがあります。
奥深くまで挿入しましょう。

また、注意点として、激しいピストンは避けてください。
小さなピストンでも十分、奥に刺激が伝わります。
押すような感じでピストンするとポルチオに当たることがあります。

「対面立位」は、

ペニスと膣の摩擦が増えるので、お互いの快感が増します。

そして、女性が両脚を閉じた状態ということは「イキやすくなる」ともいえます。
その理由は、

女性は両脚をピーンと伸ばして力を入れると、イキやすくなるからです。

ただし、イッた時はガクッと膝が落ちる可能性もありますので支えてあげてください。

AVで観たやり方は、「実戦向き」かというと、

そうでないことがよくあります。

それは、「観せるためのショー」だからです。
ですから何でもかんでもマネすれば女性が感じるわけではありません。

実際試してみて、

・実際は何が良くないのか?
・なぜそうなのか?
・どうすればよくなるのか?

といったことを突き詰めていくと、正しい方法が見えてくることがあります。

ここでお話したことが少しでもお役に立てれば幸いです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。